MENU
メガミデバイスブログ

九尾選手権2【Bコース】結果発表!


 
メガミマスターの皆様こんにちは!
 
本日はBコースのまとめと各賞の発表です。気合の入った九尾だらけで楽しみですね。
 
・Aコースの結果発表は『九尾選手権2【Aコース】結果発表!』ブログをご覧ください。
 
・本選手権のレギュレーションなどは『第2回九尾選手権概要』ブログをご覧ください。
                                                       
 
本ブログ掲載について:
 
※1:それぞれの画像タップでその投稿に飛びます。
 
※2:RT&いいねの数字を参考にさせて頂いていますが、鳥山独自に凄いと感じた作例を中心に取り上げています。
 
※3:スペースの都合上画像2枚をこちらで選ばせていただいております。またご投稿者様の意図しないトリミングを行っている場合がありますので予めご了承ください。
 
※4:Twitterの仕様上検索で表示されないアカウントの存在がいくつか確認されました。情報提供いただきつつ注意深く調べたつもりですが漏れてしまったご投稿がある可能性がございますので大変恐縮ですが予めご了承ください。今後何らかのコンペを開催する際改善策を検討してまいります。

                                                       

さっそく受賞九尾の発表です!
 
 Nidy-2D-賞 
ズー@ZOO92650973さん作
 
『白狐の聖騎士エミリア』MSG不使用。

力作揃いのBコースの中でも特に目を惹いたのがこちらの作品。和風の九尾を敢えて真逆の騎士のイメージでまとめているのも意表を突かれました。一番の決め手はデザイン性の高さと、元のパーツを利用して騎士っぽいパーツに見せる見立ての上手さです。

深い青と白、マントを背負った力強いシルエットも相まってストートに「かっこいいは正義」を体現していますね。マントをシールドとして構えられるのも楽しいギミックです。

多くのパーツに追加でスジボリを入れて鎧の飾り彫りのようにみせているのも効果的ですね。六角形の部分をクリアグリーンに塗って各部に配置しているのも統一感があります。

額の冠は何のパーツかと思ったら余剰の腰パーツを上下逆に使っているんですね。肩甲骨のパーツを肩当に使ったりといった「なるほど、そうきたか」という発見する楽しさもありました。

素直にかっこよく、またデザイナーとしても見ていて嬉しくなる一作です。(Nidy-2D-)

 

 鳥山とりを賞 

村里 壮二郎@ShiketanBuilderさん作
 
『朱羅太夫』シャープハンド2使用。
 
プラのアーマーと布を絶妙に組み合わせた超ハイレベルな九尾。その出来栄えにはただ感嘆するほかありませんでした。メカ腕パーツを煙管に見立てるセンスにも脱帽です。
 
今回9日間の投稿期間があり、前半に投稿するか、落ち着いた中盤に投稿するか、後半ギリギリに投稿するかでもTwitter上の反応に差が出るものだと感じました。この『朱羅太夫』は締切り前日に投稿され、勝負あったと思われた強敵九尾達をごぼう抜きしていく様がとてもエキサイティングでした。
そんなTwitterコンペならではの面白さを感じさせてくれたという意味でも印象に残り選出させていただきました。
 
お見事です。お疲れ様でした!(鳥山とりを)

 

※受賞された方には『朱羅九尾』のキットが贈呈されます。後日鳥山よりDMを差し上げますので少々お待ちください。

                                                       

惜しくも賞には選出されなかった九尾ですが。改造アリ・塗装アリのアルティメット部門にもたくさんのご投稿をいただきました。スーパーハイクオリティな九尾達をとくとご覧開あれ!

 
こんふぉーこ@confoco0423さん作
 
『朱羅”ライダー”&アースラ999』ラピッドレイダー使用。メガネな九尾と見事なミキシングのバイクどちらもハイクオリティに仕上がっています。配色センス、塗装スキルも高い注目作でした。
 

ロレル @朱羅九尾完成@siguroreruさん作
 
『朱羅九尾 天(アマツ)&朱羅バイク 不知火』ラピッドレイダー使用。こちらは低い車高とトゲトゲしたスタイルにまとめたバイク作例。とてもハッタリ効いてます。
 

マーチン@marchinmarchinさん作
 
『対九尾調伏特化型メガミ 朱羅 梓巫女』MSG未使用。アーマーパーツを袴や大弓に見立てつつ隙のない仕上がりは目を惹きます。円状のランナーを弓の中央に配置したアイデアも秀逸。
 

poketto@NoelLegouixさん作
 
『朱羅 狩人』MSG未使用。布状パーツはエポキシパテから自作。隠している所、露出している所、メカのバランスと強めのグラデをかけた配色がメリハリ抜群。シンプルながら存在感を放つ作例です。

 

虫ゴム@musigomu_さん作
 
『朱羅九尾変異型「蒼鶴」』ジョイントセットA使用。追加されたジョイントでリアユニット(サポートメカ)の自由度と表現力が格段にアップ。意外と九尾には使われないシブいカラーリングも逆に目立ちました。

 

零駒@zerokoma002さん作
 
『朱羅・陰陽師』『式神:九尾』MSG未使用。第1回九尾選手権に参加した九尾に塗装を施してアップデート。うっかりレギュ違反に見えてしまう「九尾ひと箱で2体錬成」術。白黒対照的な塗り分けもコンセプトを分かりやすく伝えています。
 

いともそ@itomosoさん作
 
『因幡ウズキ』エクスアーマーB使用。追加されたアーマーで補いつつ九尾のシルエットに変化を持たせています。塗装、デカールの使い方も相まってとてもまとまりの良い作例です。
 

taja@taja13203397さん作
 
『朱羅 玄武』キラービーク使用。褐色ボディに目の覚めるような鮮やかな武装の対比がとても目を惹きます。マスキング塗装を施したメカの複雑なグラデ塗装パターンもお見事。
 

トマト君@runesansuyamadaさん作

『玖曜(クヨウ)』コンバートボディ使用。九尾のシルエットを大きく変えずとも配色で大きくイメージを変える事ができる好例。黄と紫の組み合わせはトリッキーでありつつ上手くまとまって印象に残ります。

 

ふにふにインド@黒金の社畜@funi2_indoさん作

『朱羅 陰陽衣(おんみょうい) 』オーバードマニピュレーター使用。白黒を左右に振り分けた素体塗装とアシンメトリな武装を金のメカ色で綺麗にまとめました。勢いのある作例です。

 

256@256nikoroさん作
 
『九尾ちゃん(9さい)』クラッシュマント使用。一瞬このメガミが発売されているのかと脳がバグる見事な低身長化です。部分的に布表現パーツを挟み込むことでさらに違和感を消すことに成功しています。ドールアイ化もハマってます。
 

趣味人(しゅみんちゅ)@shuminnchuさん作

『朱羅 九尾 ‐重装全属性型‐』アルナイルロッド使用。カラフルな配色ながらグラデ塗装で喧嘩しないまとまりを感じます。素体はあえて設定色なのもリアユニットを目立たせるのに一役買ってますね。

 

白玉いなり@狐とらすと@shirotama_inariさん作
 
『狐陽-道-』ルシファーズウイング使用。シルエットを変える流用パーツの見立てが手練れています。式神ユニットもジョイントパーツを上手く使い最低限でカッコいいフォルムです。
 

MILA DOLL@MILADOLL_miharuさん
 
『空飛ぶ謎の乗り物「ウカノミタマ」 お供の最強狐ロボ「殺生丸」』MSG不使用。布衣装が九尾のイメージを大きく変えていて面白いです。ハードなウェザリングなのに乗り物も狐ロボも可愛い。
 
 
IRIE 寿@irie0134さん作
 
『オサキちゃん』アルナイルロッド使用。淡い水色とビビッドなピンク美しい配色が目を惹きますね。写真のアングルやポージングも好印象な正統派九尾作例。
 

JURIUS@tzw3ayskzさん作
 
『 朱羅九尾「金狐」と装備「疾狐玖(しっこく)」零號』ラピッドレイダー使用。九尾はほぼ金、バイクはほぼ黒のはっきり分けた配色が合体した時のバランスに面白さを与えています。ピンストライプのデカールも良いアクセント。
 

Sui@sui4121さん
 
『リアル狐ちゃんカラー』MSG不使用。パキッとしたメリハリのある色のチョイスとしっかりツヤコントロールされた塗装が印象的です。そういえばキツネって白じゃなかったよなと思いださせてくれます。
 

フラム 龍神姫 棗 誕生♪@GnReturnerさん作
 
『龍神姫 棗』カスタマイズヘッドC使用。龍の部分はなんとプラ板を使った手の込んだ自作パーツ。制作風景を想像しただけで気が遠くなりそうです。黒目フェイスを使った“逆鱗モード”はモチーフにピッタリな設定ですね。
 

サイボーグ狐ちゃん@cyborg_fox_chanさん作

『九尾 ver2.89-アネモネ-』MSG未使用。九尾自体はスタンダードな仕上げですがCG加工されたエフェクト写真はとても美しく凛々しさが出ています。

 

ϟΗІΠ❒@Dignosjesyさん作
 
『朱羅 Q.O.C』ラピッドレイダー使用。レーシングマシンをイメージした軽快なカラーリングが見事にキマっていますし、脚の流用パーツにも説得力があります。
 

まう@潜行中@1m_ymurさん作
 
『九尾“Desert Fox”』アサルトライフル使用。シブい迷彩塗装とチッピングでミリタリー感漂う九尾です。ドールアイ化された瞳も特徴的。
 
増谷2020٩(ˊᗜˋ*)و@happy_masutaniさん作
 
『上段の間』MSG未使用。なんとパッケージ天面を上段の間に、取説を折り曲げて屏風に、と九尾キットを見事完食した力作。武装を鎧飾りなどに見立てたのも含め「見せたいもの」が明確な痛快作例です。
 
 
mrt@キャラフェス神戸2参加予定!@mrt_masaさん作
 
『朱羅九尾CQBスタイル光輪モード「驀地(ばくち)」』コンバートボディ使用。各部にちりばめられた自作パーツが繊細で上品なイメージを醸しています。
 
黃茸@kidake_oさん作
 
『朱羅 九尾改 陰陽師』MSG未使用。シルエットが大きく変わって面白い九尾です。袖にはなんとPP袋を使ったとの事。(塗れるんだ!) 浮遊メカのデザインの上手さもさることながらクリアランナーで保持しているアイデアも面白い。
 
 
ぐんぐにる/ファルケ@gungnir_spさん作
 
『試製白澄(三号一式)』MSG未使用。オーソドックスなスタイルながらパール塗装がとても美しい九尾です。ふわりとした白&青の世界にドールアイ化した赤い瞳に惹きつけられます。
 
 
junepain@junepainさん作
 
『ギターを弾く九尾』ライブアックスのCRYSTAL PURPLE使用。九尾のスラスターをスピーカーに見立てたミュージシャン九尾。発想と見立てが面白い作例です。
 
 
黒猫@YMlrPa7hUALXL3tさん
 
『九尾「珠妃(たまき)」』MSG未使用。白金基調の美しい九尾。口紅の塗装と腹部のラインがお姉さんぽさを醸していますね。小道具の扇子も効いてます。

                                                       

まだまだ力作がたくさんあるのですが今回のピックアップはここまでとさせていただきます。 眼福としか言いようのない作例群でした。

それでは、選考担当からいただいた総括で〆たいと思います。

                                                       

Aコースの気軽に真似したくなる作品から、Bコースのホビー雑誌の作例顔負けの作品までたくさんの参加ありがとうございます。今回期間が長かったこともあり途中経過を掲載されている方も多く「どんな風に完成するんだろう」と期待に胸膨らませながら観戦しておりました。

コンテストなので1番を決めなくてはいけなかったのですが、どの作品も工夫とアイディア、愛情に溢れていて甲乙付け難かったです。
やはりプラモデルは自分の手で作って貴方色に染め上げるのが醍醐味ですので、九尾をここまで遊びつくしていただけてデザイナー冥利に尽きます。

今回は参加できませんでしたが、僕なりの「こんな九尾はどうでしょう」のようなものもいつかお見せできればと思っております。(Nidy-2D-)

                                                       

選べない。選ぶという行為がおこがましい。そんな意識に悩まされる、力作揃いの第二回でした。Aコース、Bコースとも、ご投稿いただきました皆様、本当にありがとうございました。

キャラクターのオリジナル改造は、実に様々な方向性、可能性を見せてくれます。対象を丁寧に辿る模型としての面白さとはまた違った楽しさです。特に組み換え遊びは、ひとつのアイデアで状況がひっくり返る宝探しのような発見があり、今回も「なるほど、こんな使い方があるのか!」と膝を打つような驚きの連続でした。
『九尾』というキャラクター自体が、公式発信の組み換え遊びであり、その九尾を使ってのコンペティションでまた新たな発見を得るというのは、実に幸運かつ幸福なサイクルであると感じています。

さあ、もっと遊べる素材を考えなくては。
それが新たなキャラクター達を生み出す卵となれば、嬉しく思います。(浅井真紀)

                                                       

第一回よりさらにA,Bコースそれぞれ別な意味で高度な作例が増えていますね。ご応募ありがとうございました。
お祭り企画ということもあり馬鹿っぽいのが多くて個人的に面白く見れました。
もちろん超絶作例は、弊社の原型師にも見せていますので、お声が掛かることが・・・あるかどうかは分かりません笑。(コトブキヤ野内)
                                                       

第2回の開催宣言から時間をたっぷり設けたので、モチベーションが持たずあまり盛り上がらない可能性もあるのではないかと少し心配していたのですが蓋を開けてみたらそんな杞憂が吹き飛ぶ盛り上がりを感じました。
時間があった分Bコースへのご参加がとても多く見応えのあるコンペになったと思います。これもひとえにご参加いただいた九尾マスターの皆様のおかげです。改めまして御礼申し上げます。

メガミデバイスはまだまだ新アイテムの発売が控えています。また面白そうな選手権を計画してまいりますのでよろしくお願いいたします。

以上、第2回朱羅九尾取説通り作らない選手権これにて全日程終了です。本当にお疲れ様でした!

鳥山とりを(今回も楽しかった!!メガミP)

このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。