MENU
メガミデバイスブログ

ホーネットをカスタムしてみる!


メガミマスターの皆様こんばんは!

あっという間に、本当にあっという間に半年が終わり7月に突入しましたね。

今月末には第4弾SOLロードランナーの発売、ワンダーフェスティバル夏、その会場でSOLロービジビリティの先行販売など、目白押しで今から軽く気を失いそうです。楽しみと言う意味で!(すみませんウソつきました。WF展示品準備がががが・・・・)

 

さて、本日は発売したてのSOLホーネットをメガミシリーズとM.S.Gを使ってカスタマイズしてみたいと思います。

あまり深く考えずその場のフィーリングで進めましたので、途中でパーツが増えたり減ったりしてますが、アレコレとパーツを選ぶカスタマイズの楽しみという事で。

ではスタマイズゴー!(すみません適当に言いました・・・・)

SOLホーネットの商品紹介はコチラ!

                                                       

カスタマイズには只今コトブキヤショップで絶賛販売中(2017/0701現在)のWISM・ソルジャーシリーズの武装を使ってみようと思います。ジョイント部が共通という説明はココでは不要ですね。

それぞれの商品情報はコチラ!

メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト REAL TYPE【コトブキヤショップ限定品】

メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル REAL TYPE【コトブキヤショップ限定品】

 

SOLには無いWISMの特徴的なパーツ「メカ腕」を早速装備してみます。

馴染むぞッ!! 

(規格が一緒なのであたりまえです)

腕の他にも。少しメカメカしくなってきました。

スナイプさんからブレストアーマー借りました。大き目

                                                       

バックパックアームの先にメカ腕を付けてみました。マスタースレーブアーム

なかなかカッコ良い。

ガオーーーー!!!!

が、がおー・・・

(少恥ずかしくなったぽい)

                                                       

こんつわー

マスタースレーブアームシステムはメガミと分離、Bパーツと合体する事によって

“何か”

になるのだ!!

“何か”が暴走状態に!?

大丈夫ぽい。

                                                       

などと遊んでいるうちに腕の付け根が貧弱なのが気になってきたのでWISMバックパックのドラム状パーツを移植。ボリューム感が出た上に可動範囲も向上しました。個人的に大変良い感じです。

カスタマイズ豆知識。 穴と穴のパーツを連結する時いらなくなったランナーを適当な長さに切って挿し込むと連結することが出来ます。 ランナーは3mm径なので。

このおかげで我が家の3mmプラ棒が全然消費されません。 エコだね!

                                                       

SOLには大人の事情ボーナスパーツとしてWISMのパーツがいくつか付属します。このあたりはカスタマイズにも使いやすいので便利かと思います。例えばWISMバックパック内に挟み込むジョイントですが、

接続したいけどピンの長さが足りないなー、なんてときに延長パーツとして利用できたりします。

また、WISMのメカ腕手首パーツはL字型の変換コネクタとしても利用できますね。

                                                       

なんだかんだ調整しつつ、こんな感じになりました。行き当たりばったりで進めたわりに上手いことまとまったかなと思います。

垂直尾翼にWISM・ソルジャー アサルト/スカウトのパーツを使いましたが、それ以外はホーネットとスナイプ/グラップルの2つがあればできます。

コレにM.S.G“ガンブレードランス”を組み合わせて完成とします。

ヘヴィウェポンユニット 12 ガンブレードランスの商品情報はコチラ!

                                                       

ネコミミはグラップルのデュアルセンサーを流用しています。このパーツのみ加工&接着していますのでご注意ください。その他は全て無加工なので何度でもバラせます。(フライングベースは別売りです)

スレーブアームはメガミの動きをトレースするが、緊急時には自動的にリンクを解除しメガミを守る。(こういう設定考えるの個人的に激燃えです・・・)

と言うわけで、ホーネットカスタムでした。

メガミシリーズやM.S.Gのみならず、フレームアームズ、フレームアームズ・ガール、など3mm軸規格のジョイントを持つ商品は無加工で取り付けることが出来ますのでいろいろと試してみてください。

そしてカスタムメガミコーナーで全国のメガミマスターに自慢しちゃってくださいね!

 

ではでは!

鳥山とりを(カスタム&改造大好きすぎメガミP)

                                                       

ここでいきなり便利グッズのご紹介です。

メガミにいろいろな小物を持たせて写真を撮りたい時など、きちんと持てない時があると思います。そこで本日ご紹介するのはコレ!(すみません脈絡なくて・・・)

英語なので詳しくはわからないのですが、粘着力が高く、そこそこ重いものでもくっつけることができ、剥がしてもメガミを傷つけません。鳥山は出入りしている模型誌のカメラマンさんに教えてもらいました。家電量販店ではカメラコーナーに売っているとの話しもあるようです。 

ちょっとした仮組みの時のパーツ仮止めにも使いやすいのでご興味のある方は使ってみてください。

(試したことがないのでわかりませんが、長期間放置するとゴム成分がプラを溶かすかもしれませんので念のためご注意を)

びろーん

このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。