Language
English

企画者インタビュー:HMM ゴジュラス・ジ・オーガ

投稿:2016年09月27日
テーマ:商品紹介

こんにちは!流浪のコトブキヤブロガー、ツノ・フェットです。

今日は話題の超大型ゾイド「ゴジュラス・ジ・オーガ」について、担当企画YUKI氏に色々とインタビューしましたので、そちらをお届けします!

 


 

■ゴジュラス・ジ・オーガ 商品化の経緯

ジ・オーガの商品化についてはHMMの10周年が深く関係しています。
前回のゴジュラスの際にHMM第一章の締めくくりとさせて頂きましたが再スタートまでに長い充電期間となりました。2015年末の「EZ-036デススティンガー」で再び商品展開を始められたのは皆様の応援があったからだと深く感じておりまして、企画担当者として改めて御礼申し上げたく存じます。

 

2006年のHMM第一弾「RPZ-03シールドライガー」の商品化から10年という長い年月が経ちました。

9brngu0000003ci8

 

HMMというシリーズは壽屋プラモデルの中でもパーツの多さやディテールの細かさから非常に覚悟のいる(金型・時間のコストが高い他、タカラトミー様のキャラクターをお借りているという責任)シリーズで必ず良い結果に結び付けなければならないというプレッシャーがあります。

一商品ごとに本気で挑み、壽屋以外の関係者達にもご協力頂いて宣伝活動に力を入れてきました。

今でこそ多くの販売店様で商品を見かけることが多くなりましたが、全ての商品が好調だったわけではなく辛い時期も経験しております。

…そんな中ファンの皆様とイベントなどを通じて商品化を決定した「RBOZ-03 ゴジュラス」の存在がありました。

 

IMG_1031

tnirn2000000kto1


「ゴジュラスが不調だったらうちのプラモデルチームは終わるかもしれない…」という不安は逆に宣伝活動の大切さを知る良いきっかけになったと思います。

そして「RBOZ-003 ゴジュラス」はゾイド30周年のラストを飾る商品として無事発売。初回限定生産というイレギュラーな仕様ながらも完売しました。

しかし限定生産品という縛りから当時ご購入のタイミングを逃してしまったファンの皆様に不便な思いをさせてしまったことは深くお詫びを申し上げたいと思っています。

長くゾイドを愛してくれているファンの皆様のご期待に応えたい、またゴジュラスのようなゾイドを代表する機体の一つが限定生産だけで終わるのは良くないと考え「ゴジュラス・ジ・オーガ」は一般流通での商品化となりました。

 

ゴジュラスのバリエーションといえども新規パーツは中型ゾイド一体分相当もあり価格帯も高額な為、商品化するならば10周年という節目のこのタイミングでしかないと思いました。

 

前回のゴジュラスを逃してしまったファンの方には是非ともジ・オーガを手にして頂きたいと思います。そしてパーツ総数1400オーバーの迫力を感じて頂ければ幸いです。

 

■企画者としてこだわった点、注目してほしい点

もちろん全長366mmの「ロングレンジバスターキャノン」ですが、これは改めて言わなくても目に入る部分ですね(笑)

 

開発的には主に設計面で、あれだけのボリュームがあるものですから強度や重量を鑑みてサイズ感の見直しを3回くらいやりました。ボリューム感は習字用の筆をイメージしてもらえればわかりやすいかと。

デザイン面ではオリジナル版との差別化として、ディテールアップした動力ケーブルが「アイアンコングPK」の物と同じく内部にリード線を通したデザインとなっておりこだわった部分かと思います。

その他ですと腹部の8連装ミサイルポッドの展開ギミックなどですね。

 

■パッケージやインストについて

アイアンコングPKと同じく「マーシー・ラビット」氏に依頼しております。
現時点ではまだラフレイアウトのチェックなども行っていない為コメントしづらいですが必ずファンの皆様の期待に応えて頂けるものになると信じています。

さらに例の巨大なパッケージにさらに追加されたパーツを封入しないといけないというミッションが残されていて…現在開発スタッフが尽力しています。総重量のことを考えると持ちやすさや箱の強度にも気を付けないといけませんからね。

 

■コトブキヤショップ限定特典「ゴジュラスカスタマイズパーツ」について

単品での商品化となる「ゾイドカスタマイズパーツ ゴジュラスキャノンセット」に合わせたカラーリングになっています。

 

gojulastheogre_pos

何ができるのかというと「色違いのジ・オーガが楽しめる」ということですね。
前回のゴジュラスがブルーグレーを基調としたカラーリングでしたのでキャノンのカラーリングもグレーをメインにしています。

 

■ファンへのメッセージをどうぞ!

現時点では内容は明かせませんがジ・オーガの発売に合わせてイベントを検討しています。10年間の軌跡をたどるようなメモリアル的な展示をメインにした物もやりたいですね。新しい商品の発表を行うならばその時にできたらと考えています。

最後になりますが10年間の応援本当にありがとうございました。

HMM、ZAともに来年度の商品展開にもご期待頂けますと幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。

企画担当:YUKI

 


 

以上、ツノ・フェットが現場からお届けしました!
それではまたどこかのコトブキヤブログでお会いしましょう~ノシ

ツノ・フェット

 

ec_yudo-1

 

※画像は試作品のものです。実際の商品の物とは異なります。
© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。