Language
English

アンドロ軍団決起せよ!!

投稿:2016年06月24日
テーマ:商品紹介

ヤルッツェ・ブラッキン!!(挨拶)

どうも、アンドロ軍団生産工場コトブキヤ拠点

担当員の無糖(無○V○)です。

 

ツメロボットの発売から早2ヶ月。

皆様のお手元でキャシャーンを倒すべく、ツメロボットが着々と生産されているかと思いますが

先日ご案内にもありましたように、遂に!

生産ラインに新規ロボット4点がラインナップです!!

syowa_pla_1b

/ Z U U U U U U U U U U U N …\

 

まずはコチラからご紹介!

syowa_pla_2b

火炎放射ロボット

火炎放射ロボット・・・両手と口から放つ炎で人間の住む街を焼き尽くす。赤い機体色が特徴的なロボット。

 

火炎放射ロボットはツメロボットに次ぎ、印象に強い方も多いのではないでしょうか?

両腕は、ツメロボットと同様ポリキャップを使用し、フレキシブルに可動するため

任意のポーズで飾ることが可能です。

また、足は股関節部分、膝、足首にもポリキャップを使用し可動域を確保。

行軍シーンを再現することも可能です。

そして、口の火炎放射ノズルは格納状態と展開状態を差し替えにて再現可能となっています。

差替えギミック

 

続いてはコチラ!

syowa_pla_4b

大砲ロボット監視ロボット

大砲ロボット・・・両手に装着された大砲から弾丸を発射し、建物や人間の装甲車などを破壊する。一撃で装甲車を破壊する高い威力を持つロボット。

監視ロボット・・・頭部のセンサーで広範囲を監視。ブライキング・ボスの城内などに配備され、パトロール任務に就く。両手のマシンガンで侵入者を攻撃するロボット。

 

大砲ロボットはアニメ初期のころに人間の軍隊と対峙し、圧倒的な火力で装甲車や兵隊を倒していくシーンが印象的ですね!

頭部は軸可動することができ、周囲を見渡す動作が可能です。

また、両腕も軸可動するので、上下に大砲の角度をつけ、シチュエーションを再現することが可能。股関節部分はボールジョイントを採用しており、角度付けが可能となっています。

監視ロボットはボスの牙城に配備され、侵入するキャシャーンを発見し、即時仲間に通報する優秀なロボットです!!

大砲ロボット同様、頭部は軸稼動することが可能で、360度全方位を監視することが可能。

両腕も軸可動により、上下の角度付けが可能。

 

そして、最後はコチラ・・・!!!!

syowa_pla_3b

ツメロボットDX

 

4月に第一弾として生産ラインナップにあがったツメロボットがDX版として登場。

ツメロボット・・・両腕のツメが伸縮し離れた相手に対し強力な攻撃を放つ。アンドロ軍団の中でも非常に有名なロボット。

劇中では複数体が合体しタイヤ状になり、キャシャーンへの攻撃をしていたシーンも印象的。

 

コチラのDX版は「塗装する環境がない」「塗装する時間が無い」「塗装は家族に怒られる」などの悩みを持った各生産ラインの担当員向けに、コトブキヤ拠点は塗装済み版のツメロボットをラインナップ!!

胴体、ツメ部分、頭部が塗装済みパーツとして封入。

組み上げただけでデコマスのような仕上がりが可能となっています!

簡単、気軽に指定色のツメロボットを組み上げられる本アイテムを是非お手元で!!

 

そしてそして・・・

ツメロボット同様、今回ラインナップアイテムのおまけ(?)的存在(開発陣の尽力によりおまけの域を超える出来栄え)のミニフィギュアが付属!!

フレンダー

火炎放射はフレンダーが付属!

上月ルナ

大砲ロボット&監視ロボットは上月ルナが付属!!

 

どちらのミニフィギュアも原型陣、開発陣が心血を注いだ一品です!

 

そして、ツメロボットDX版には・・・!

KP417_TsumeRobotDX05

キャシャーンミニフィギュアDX版が付属です!!!

 

キャシャーンのDX版は調色が難しい「顔面のフレッシュカラー」をはじめ、「頭部ツノ部分」、「胸部マーク」が塗装済みとなり、封入されます。

筆塗りで一部分を追加することにより劇中に近いキャシャーンを簡単に再現することが可能です。

 

以上!アンドロ軍団新生産ラインナップでした!

火炎放射ロボット、大砲ロボット&監視ロボットのパッケージも絶賛進行中!!

近いうちにご紹介できると思います・・・!

 

それでは本日はこの辺で!!

(無○V○)ノ <ヤルッツェ・ブラッキン!!)

(企画:無糖)

 

©タツノコプロ

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。