Language
English

ツメロボット生産ライン稼動直前!!総員準備せよ!!

投稿:2016年04月18日
テーマ:商品紹介

ヤルッツェ・ブラッキン!!

アンドロ軍団生産工場コトブキヤ拠点

担当員の無糖(無○V○)です。

 

さて、いよいよ発売が今月に迫った

「ツメロボット」の製品サンプルが手元にやってまいりました!!

 

 

早速ご紹介してまいりますのでまずはパッケージからご覧ください・・・!

ツメロボ_PKG

『昭和模型少年クラブ』のプロデューサー「野中氏」によるパッケージアートを

「かつての少年たちの心を鷲づかみにして離さない懐かしさ。」

をコンセプトに仕上げました!

この「懐かしいプラモデル!!」という印象のパッケージが

社内の元少年たちにも大人気です!!

お店でもこちらのパッケージを目印にお探しください♪

 

それでは、続いてランナーをご紹介。

Aランナー

まずはAランナーです。

こちらのランナーは同じものが2枚入っています。

右下のパーツはツメの延長パーツとなっており、差し替えによって長短を選ぶことが出来ますので、ジオラマの作成や思い出の戦闘シーンを再現できます!!

こちらのランナーは主に腕、手、足などのパーツが入っております。

 

 

Bランナー

続いてはBランナーのご紹介です。

こちらは主に胴体のパーツが目立つランナーとなっております。

頭もこちらのランナーに封入されておりますが

2パーツのカンタン構成になっておりますので

簡単に組み上げることが可能です。

 

 

他ランナー

そして最後は胸のパーツランナーと、ポリキャップです。

ほぼすべての関節がポリキャップですので、可動範囲はとても広く様々なポージングを取ることが可能です!

 

そして、開発陣入魂の一品・・・

(我々アンドロ軍団最大の敵)キャシャーンミニフィギュアをご紹介です!!!!

成型キャシャーン

白い!!!!

今回キャシャーンのメインカラーが白の為

成型の色味を、純粋な白となっている為、このままでは

開発陣入魂の一品をお披露目出来ない・・・。

というわけで!

 

サフキャシャーン

(画像をクリックで拡大します。)

弊社原型師にサフを吹いてもらい

見やすいようにしてもらいました。

 

拡大画像で見ていただければわかるこの

細かいモールド!!

キャシャーン_カタディテール

顔までしっかり再現!!

キャシャーン_カオディテール

 

そして、驚愕なのが

これが成型状態!!

キャシャーンのランナーには本当にサフを吹く以外何もしていません!

 

通常のプラモデルフィギュアは様々な部位に分かれたランナーを構成しますが

今回キャシャーンはコトブキヤでも初の試みとなる

「データから直接金型を彫る」手法を採用しました。

1枚成型のランナーでこの細かなモールド・・・

実際にお手にとってすごさをご覧いただけますと冥利に尽きますです・・・・!!

 

そして、最後に紹介する封入アイテムはこちら

シール

顔と、側頭部の「アンドロ軍団マーク」のシールです!!

こちらは貼ってよし!手本にしてよし!!のナイスアイテムです。

大き目のアンドロ軍団マークはお好きなところお貼りいただけるよう

おまけで追加いたしました!

 

また、今回はあえてご紹介いたしませんでしたが

組み立て説明書にも今回力を入れておりますので

是非!お手元でご確認ください!!

 

そして、非常に重要なので改めて・・・

 

接着剤やドライバーなどは一切不要!

ニッパーがあれば簡単組み立てが可能!!

昔のイメージを大事に成型色は単色!!!

 

上記3点をお知らせさせていただきます・・・。

 

 

 

さてさて、本日ご紹介した「ツメロボット」ですが・・・

ついに・・・! 

426日(火)頃より

各小売店様にて生産ラインが稼動(入荷)予定!!

(各お店様にて入荷タイミングが異なります。予めご了承ください。)

 

そして、今月発売のホビージャパンにて

昭和模型少年クラブプロデューサーの野中剛氏による

ツメロボット作例を掲載!!!!

 

かなり胸が熱くなる作例ですのでこちらも是非ご覧ください♪

 

 

それでは、近々火炎放射ロボットなどのご紹介もいたしますので

続報につきましてはもう少々お待ちください・・・!!

 

それでは次回まで!!

(無○V○)ノ「ヤルッツェ・ブラッキン!!」

 (企画:無糖)

 

 

©タツノコプロ

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。