Language
English

11月28日は『いいニッパーの日』!!!

投稿:2015年11月28日
テーマ:おしらせ

皆様こんにちは。

 

日々のプラモデルライフ楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

そんな日々のプラモデルライフを満喫するのに必要なアイテム

「ニッパー」

こちらのアイテム、皆様色々なメーカー様のアイテムをご利用いただいているかとは思いますが

どのメーカー様のニッパーを使用していようとも

必ず少しずつガタが来てしまいます。

 

ガタがきたまま使い続け、放置していると

以下のような症状がアナタのニッパーに襲い掛かります・・・

 

  • 刃の噛み合わせが悪くなり素直にゲートカットが出来なくなる。
  • 無理な力を入れて切断しようとすることにより刃の欠けや折れる可能性が高くなる。
  • 錆つきが広範囲に広がり刃の切れ味自体が劣化していく。

 

等など・・・

 

行くところまでいってしまうともう手の施しようが無くなり

新しいニッパーを購入せざるを得なくなり、買いに行こうとすると

普段使っている同じ種類のニッパーが完売・・・なんてことも。

 

そんなことを未然に防ぐ為に!!

ニッパーの定期的なお手入れをオススメいたします!!

そして毎年11月28日は全力でのお手入れを!!

 

そして、ニッパーのお手入れにオススメのアイテムがこちら!!!

 

『ニッパーメンテナンス油』!!

nm-285-2

 

こちらは『アルティメットニッパー』でも有名なゴッドハンド社が販売している

ニッパー専用のメンテナンスセットです。

 

↓セット内容はコチラ↓

nm-285-3

○紙ウエス(2枚入り)

○刃ブラシ(歯ブラシじゃないよ!!)

○潤滑油

○防錆油

○潤滑油・防錆油専用スタンド

○オリジナルステッカー

 

使用方法は至って簡単!!

 

そのいちっ!

nm-285-5

刃ブラシでニッパーに付いたランナーカスなどを綺麗に取り除く!

 

そのにっ!!

nm-285-10

潤滑油を可動部にたっぷり塗る!!

数回開閉動作をしたら付属の紙ウエスでふき取る!

(ふき取った後も開閉動作をすると古い油が出てくるのでその都度ふき取りましょう!)

 

そのさんっ!!!

nm-285-7

防錆油を満遍なく塗る!!!

塗り終わったら余分な油を付属の紙ウエスでふき取って

塗った箇所に触れないようにして保存しましょう!

 

ね?簡単でしょ?

 

 

メンテナンスはとても簡単ですが注意点があります!!

 

いち:『危険等級Ⅲ第四類第二石油類』の商品のため、使用時は必ず換気して火の気の無いところで使用してください。

 

に :保護メガネなどを使用して目に入らないよう気をつけてください。

 

さん:直接皮膚に触れてしまったらウエスなどでふき取り石鹸でよく洗い流してください。

 

以上の点を必ずお守りくださいねっ!!

 

このアイテムは、ニッパーメンテナンス油と銘打っておりますが

ペンチなど同じような構造の工具にもご利用いただけます。

この1アイテムでご家庭の様々なアイテムをメンテナンスできますよ!!

 

是非是非ご利用ください!!

 

そして・・・!!

現在コトブキヤショップにて絶賛好評発売中の

「コトブキニッパー」ですが

現在、各店舗にて大人気の為売り切れの店舗も・・・。

 

 

ここで改めて「コトブキニッパー」「アルティメットニッパー」の違いについても少しご説明をさせていただきます。

 

姉妹品である「アルティメットニッパー」「コトブキニッパー」ですが

違いは何点かありますが代表的な箇所を2点ほど説明させていただきます!

 

○刃の厚み

比較2

 

最大といっても過言ではない違いは

刃の厚みです。

アルティメットニッパーは「究極の切れ味」の名に恥じない極めて薄い刃になっております。

対してコトブキニッパーは若干の厚みを持たせ耐久性を向上させる反面切れ味を少し犠牲にしております。

この点に関しては使い分けをすることをオススメいたします。

たとえば・・・

ランナーからの切り出しを『コトブキニッパー』で、ゲートカットを「アルティメットニッパー」で綺麗に切り出す。

等ですね!

 

○刃の背

比較

そして、意外と言われて気づかれるお客様も多いかと思いますが

刃の背がアルティメットニッパーは「フラット(平ら)」なのに対しコトブキニッパーは「ラウンド(曲面)」なのです。

(画像だと少しわかりにくいかと思いますが、両方お持ちの方は是非、お手元のニッパーで比較して見てください。)

ゲートカットをする際にピタリと背を当てると若干の違いを体験することが出来ますが

「コトブキニッパー」はゲート跡が少し残ってしまうことがあります。

ここは若干の弱点ともいえますね。

なのでゲートカットの際はしっかりと背を当ててまっすぐ切り出せるアルティメットニッパーを使用するなどの使い分けをオススメいたします。

ちなみにニパ子さんと武希子さんの特定の場所とはなんら関係御座いません。

 

そんなわけで『いいニッパーの日』にちなんでニッパーのメンテナンスとニッパーについてご紹介させていただきました!!

ぜひとも本日は普段使用しているニッパーに感謝の意を込めてメンテナンスしては如何でしょうか?

 

私も家にあるすべてのニッパーたちをメンテナンスしようと思います!!

 

それでは本日はこの辺で!!!

 

(無○V○)ノシ

(企画:無糖)

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。