Language
English

1/35スネーク塗装HOW TOその1『身体を塗装します!!』

投稿:2015年02月27日
テーマ:製作実演

皆様こんにちは!

雪が降る日もチラホラ・・・つらいですね・・・

どうも、無糖(無○V○)です。

 

本日は発売中の

「メタルギア ソリッドV グラウンド・ゼロズ セット」の1/35 スネークの

塗装を弊社原型陣にお願いをしました!!!

 

初心者の方、さらなる技術向上を目指す方の参考になればと思います・・・!!

 

今回は体を原型師の丸家氏にお願いしました!

それではさっそく行ってみましょう!!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんコンニチワ。丸家です。

今回は「メタルギア ソリッドV グラウンド・ゼロズ セット」を買ってみたけど

フィギュアの塗装なんてやったことないよ~、なんてヒト向けの塗装講座です。

 

それでは失敗を恐れずサクサク行きましょう。

 

サフ処理

ゲート跡とパーティングラインを均したものを接着してしまいます。

ただ、腕だけはポーチ類を塗る時に邪魔になりそうなので接着していません。

 

 

金具等

ハーネスの金具などの非常に小さい塗りの部分から塗り始めます。

この段階では、はみ出してもいいので、しっかりと発色させましょう。

 

ハーネス等

次はハーネスやポーチなどの出っ張っている部分を塗ります。

なぜこちらを先に塗るかというと、各ディティールの側面(立っている面)を先に塗っておいた方が後から塗るより簡単だからです。

 

細かいところから広いところへ

同じように出っ張っている方から塗っていきます。

青や黒部分のように面積広めの部分はムラになりやすいですが、一度の塗りで終わらせようとせず、乾燥を挟みつつ2、3回塗り重ねるようにしましょう。

 

つや消し

軽くつや消しクリアーを吹いた後、「ウォッシング」をします。(ここまでの塗りでエナメルを使用している人は、クリアーはしっかりと塗りましょう)

ウォッシングとは、溶剤ですごく薄くした(40~50倍くらい)エナメル塗料を全体に塗る作業です。スミ入れと同じに各ディティールを際立たせるだけでなく、全体の色味を近づけて違和感を減らす効果もあります。今回はブラック6:タン4位の配合です。

 

完成

ウォッシングをエナメル溶剤を染み込ませた綿棒(しっとりと湿らせる程度。ベッチョリと含ませないように注意)でふき取ります。この時、ふき取る綿棒に力をかけず軽く撫でるようにすると、自動的に奥まった部分が残りシャドー表現が出来ます。

首や股間周りの綿棒が入りづらい所は、筆を使いましょう。

 

こんな感じで体の塗装は完了です。ウォッシングはちょっとくらいの塗りムラを誤魔化し、全体が簡単に“それっぽく”仕上がるステキテクニックです。ぜひお試しください。

なんで頭は塗らないのってカンジですが、そこは我が社が誇るフィニッシャー“西山”氏にお願いしました。ご期待くださいませ。

 

それでは本日はこれにて、サラバ!

 

 

丸家 裕之介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上で体の塗装編になります!

 

御顔は次回!

フィニッシャーの「西山氏」にお願いをしております!!

次回もお楽しみに!!!!!

 

(無○V○)ノシ

(企画:無糖)

 

©Konami Digital Entertainment

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。