コトブキヤ70周年大喜利キャンペーン 弊社従業員を装った不審なメールやSNSアカウントについて

Language
English

フレームアーティスト「初音ミク」ご予約受付開始!

投稿:2022年03月30日
テーマ:新製品案内

フレームミュージック・ガール「初音ミク」をロボット化!

コトブキヤオリジナルコンテンツ「フレームアームズ」と「初音ミク」のコラボレーション。
「フレームアーティスト(FA) 初音ミク」として商品化を行います!

発売済みの島田フミカネ氏デザインのフレームミュージック・ガール「初音ミク」をベースに、
柳瀬敬之氏によってフレームアーティスト「初音ミク」がデザインされました。
これまでのフレームアームズのラインナップにはなかったタイプのデザインを新規造形で立体化しました。

 

以下、詳細解説になります。

 

前から、後ろから。

お美しい。

新機軸の商品です。フレームアームズ「轟雷」を擬人化したものがフレームアームズ・ガール「轟雷」になりますが、これはフレームミュージック・ガール「初音ミク」をロボット化したフレームアーティスト(略してFA)「初音ミク」になります。

フレームミュージック・ガール「初音ミク」と同様に非武装キャラクターですので、フレームアームズでなくフレームアーティスト「初音ミク」となります。

 

 

ツインテールは可動とバーニア展開が可能。美しいシルエットでポージング可能です。
(写真のM.S.G. ニューフライングベースは付属しません)

 

 

腕にもスラスター展開ギミックが。スラスター兼スピーカーという設定です。

 

 

フレームアームズ「バーゼラルド」と。
フレームアームズ世界観では、この通り1/100スケールの全高15mの巨大ロボットという設定です。
歩く、飛ぶ、コンサートホールです!

 

 

フレームミュージック・ガール「初音ミク」と。
フレームアームズ・ガール世界観では、メカ度の高いアンドロイドといった感じです。
無機質かわいい。
(フレームミュージック・ガール「初音ミク」に付属していたドローンスピーカーは付属しません。各部スピーカーから声が出る…という設定。その分、以下の仕様を追加しました。)

 

 

フレームミュージック・ガール「初音ミク」と同じ大きさ…ということは?といった拡張機能のご紹介です。
フェイスは互換性があり、1個ですが肌色のものが付属します。
肩、太ももが肌色成形色の物も付属されております。
画像の組みあわせではメカ度が下がり、キャラクター度が上がっていますね。

(もちろんメカ顔もフレームアームズ・ガール商品群と互換性があります。轟雷ONメカ顔など)

 

さらに前髪が髪の毛形状のものが付属。さらにキャラクター度が上がっています。
肌色なのにメカディティールが入っているのはサイボーグ的ですね。

 

 

こちらは、頭だけフレームミュージック・ガール「初音ミク」のものを使っています。

※M.S.G「ギターアックス」も別売りです。

 

そして、再度2キャラ並び。
お好きなメカ度、キャラクター度が組み合わせることができる、なかなか業の深い仕様となっております。

 

頭部の仕様をまとめるとこの通りです。
顔を付属させるなら普通は口を空けている顔だろう、と、いうところを、今回あえて閉じた口の顔とさせて頂きました。
この辺はメカ寄りのこだわりです。

 

その他の仕様となります。

■緑と白を基調としたカラーリングを成型色にて再現。マルチカラーキット仕様により組み立てるだけで臨場感あふれる仕上がりに。
■成型色は、発売済みのフレームミュージック・ガール「初音ミク」と同一の白、緑となっており、組み合わせる事が可能。
■顔は設定どおりのメカ顔が1個と、 フレームミュージック・ガール「初音ミク」 の通常顔が1個付属。 通常顔にはタンポ印刷がされています。
■マイク&マイクスタンドが付属。
■スカートが可動し、脚部の可動範囲が拡大。
■PVC製の手首が左右それぞれ5種付属。手首は関節を含め、既存のフレームアームズ・ガールシリーズの手首と組換えが可能です。
■マーキング、瞳などのデカールが付属。
■背中、腰、ふくらはぎなどに配置された3mm径の穴により既存M.S.Gシリーズ、フレームアームズ、フレームアームズ・ガール各シリーズのパーツの併用が可能。

※本商品では「フレームアーキテクト」は付属いたしません。(フレームアーキテクトは中に入っていません)

 

 

 

新機軸のフレームアーティスト「初音ミク」2022年10月発売予定になります!

宜しくお願い致します!

 

企画 野内

 

 

NO COPY
コトブキヤオンラインショップ コトくじ ピックアップ お客様サポート
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。