創彩少女庭園オフィシャルサイトリニューアルOPEN! 【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

HMMゾイド新商品「ライトニングサイクス マーキングプラスVer.」製品サンプルご紹介

投稿:2020年09月10日
テーマ:ゾイド

こんにちは、げんすいです(´・*・)

エアスタンド・リバー会戦の作品投稿、引き続き絶賛受付中です!

今週末日曜日が投稿締め切りです。力作の投稿をお忘れなく!

 

さて、本日はまず再生産情報をご案内。

 

RHI-3 コマンドウルフ リパッケージ版

 

DPZ-10 ダークホーン

 

どちらも2021年1月再生産です。

それぞれ2020年4月、2019年11月と比較的最近再生産していたのですが、あれよあれよと完売しておりました。

見逃していた!という方は同月新商品のガンスナイパー ワイルドウィーゼル仕様と一緒に是非どうぞ!

また本ブログではご紹介しておりませんでしたが

EZ-036 デススティンガー

ジェノブレイカー リパッケージVer.のご案内ブログで触れていたとおり、2020年12月再生産です。

去年12月の再生産もそれなりの数作りましたが早々に完売しました。こちらもお見逃しなく!

 

では続いて本日の本題を。

 

EZ-035 ライトニングサイクス マーキングプラスVer.

パッケージイラストは旧仕様から変更なし、マーシーラビット氏によるものです。

側面に載っているデカール図案や赤いMARKING PLUS Ver.の文字で見分けていただければと思います。

(´・*・)とは言えで旧仕様の最後の再生産(2016年)からはそれなりに年月が経っていますね

ちなみにマーシーさんのこの次の新規イラストはプテラスボマー、ジェノブレイカー、ワイルドライガー紅蓮、ガンスナイパー ワイルドウィーゼル仕様と立て続けです。

いつかは分かりませんがART OF HMM2があるとしたらプテラスボマー マーキングプラスVer.からになりますね。

 

それでは本体、今回も製品サンプルに商品付属の水転写デカールを貼り付けた例をご紹介してまいります。

素組みでの成型色(旧仕様から変更なしです)を含めたご紹介と、商品では「デカールはお好きな場所にお貼りください」としておりますが「そんなこと言われてもどこにどれを貼ったらいいのか・・・」という方向けに参考として一例のご紹介です。

恒例ではありますが説明書の通り、お好きなデカールをお好きな箇所に貼り付けていただければと思います。

 

前方から。例によって当時TOMY製パッケージ見本+片平まさし氏のイラスト(+HMM旧仕様、今回も同じ完成見本)な感じでデカールを貼り付けています。

完成見本と違う貼り付け方をした例として頭部をピックアップすると、猫のヒゲよろしく付けた////や耳の上の黄色い三角形のマーキングなどが当時TOMY製パッケージ見本オマージュです。

 

側面から。

ゾイドは横から見る派向け画像だったのですが、前方からの図が真正面ではなく斜めだったのもあってデカール貼り位置確認としてはほぼ同じになってしまったという(笑)

胸部のコーションマーク(丸に三角のチョンチョンがついてるやつ)などはHMM完成見本そのままに貼っています。

 

前方を中心に上から。

サイクスの主兵装パルスレーザーライフルの上部、銃身のカバー部へは当時TOMY製見本同様に文字だけのデカールを貼っています。

また背部も同様に。EZ-035のマークは旧仕様(HMM完成見本)ではミサイルポッドの蓋ではなくウイング部に貼ってありましたが当時TOMY製見本オマージュで。

マークソフターを使って馴染ませないと貼りづらいデコボコ面ですので、ウイング部に貼るのもよいかと思います。

 

ストライクレーザークロー(同名武装を最初に装備したのはゼロではなくサイクス!)に貼るマークは当時TOMY製見本・HMM完成見本とも同じ物が同じ場所に。

開閉可能なものと大きく開いたもの、それぞれに貼れるよう8個同じマークが付いているのも旧仕様と同様です。

 

パルスレーザーライフルを外して上から。

エアスタンド・リバー会戦の投稿には上から撮影した画像も必要です。

投稿画像ではパーツを外す必要はないです。諸々の確認がしづらい場合は個々にご質問させていただいているかと思います。

(´・*・)本ブログはアニラジ勢には馴染みあるワード「時空の歪み」を伴っております←

 

腰の部分はHMM完成見本同様にCAUTIONを。

同じマークが当時TOMY製見本ではパルスレーザーライフルに貼られているのですが、HMMでは当該スペースが放熱フィン状モールドになっているのでそこには貼りませんでした。

 

前方をアオリで。

このカットでお見せしたいのは首下部。喉のあたりにこれまた当時TOMY製見本オマージュでDANGERを貼っております。

右前脚のEZ-035(左前脚ではガイロス国章)はHMM完成見本合わせですね。

 

最後に後方から。

時期柄どうしても関連した話になってしまいますが、エアスタンド・リバー会戦投稿画像の「素立ち前方」「後方」はこんな感じで真正面、真後ろではなく斜めに振っていただいてOKです。

もちろんこんな感じで素組みにデカールを貼っただけでも今回は参加可能、何なら貼らなくてもOKなので、お気軽にご参加くださいませ。

(´・*・)みんなの俺HMMゾイドを一覧ページで並べようぜ!が趣旨ですゆえ

 

という事で、EZ-035 ライトニングサイクス マーキングプラスVer.サンプルご紹介でした。

エアスタンド・リバー会戦の作品制作には間に合いませんが、2020年9月17日以降発売予定となっております。お手元に届くまでもう少々お待ちくださいm(_ _)m

(流通の都合によりそれ以降となる場合もございます)

 

 

(´・*・)げんすい@次回は2月発売のマーキングプラス商品ご案内、今月は既にブログ4本立てです。

 

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd. and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。