創彩少女庭園オフィシャルサイトリニューアルOPEN! 【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

「TAMOTU」テストショット作例コンペ 作品紹介(第1回)

投稿:2020年08月21日
テーマ:製作実演

皆様こんにちは。企画・開発のカンノです。


■TAMOTU[ホワイトVer.]&TAMOTU[ブラックVer.]好評ご予約受付中!

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
「MARUTTOYS TAMOTU」のブログでは今回より、テストショットを使用した有志の方々による「TAMOTU作例コンペ」の作品をご紹介していきたいと思います!

以前よりコトブキヤでは、プラモデルの社内コンペをたびたび開催してきたのですが、今回久しぶりの開催ということもあり、実に40名近いスタッフ・関係者の方々に参加していただきました(ありがとうございます!!><)。

今回参加していただいているのは、コトブキヤのスタッフとその関係者の方々になります。「TAMOTU」の発売をお待ちいただいている皆様におかれましては、これから紹介する作例をご覧いただきつつ、発売まで楽しみにお待ちいただければ幸いです!

それではさっそくご覧いただきましょう。

※以後、画像はクリックすると拡大します。
※エントリー№は作例の受付順です。

 

エントリー№01

作品名:TAMOTU[轟雷Ver.]
製作者:カンノ(コトブキヤ企画チーム)
流用パーツ:「フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2」

※「ハンドスケール 轟雷」はデコマスを使用して撮影しています。

【作品コメント】
企画担当者たる者、率先して製作しました^^
2065年に『フレームアームズ・ガール』50周年記念のプロモーション用として製作された「TAMOTU」のカスタム機――という設定です。

「フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2」のヘッドギアなどのパーツを流用。塗装はガイアノーツ様の「フレームアームズ・ガール カラー」から、「FG-04 アーマーグレー」「FG-05 インナーブラック」そして新発売の「FG-12 轟雷装甲ブラウン」を使用しています(調色なしで「FAガール轟雷」そのままの色をジャストで再現できるスグレモノです)。

超絶な改造作例は他の参加者の方に期待しつつ^^;、比較的簡単な改造+塗装作例として完成させました。

 

エントリー№02 

作品名:TAMOTU “Home Wood”
製作者:イプシロン(Twitter ID:@EPSILON13
流用パーツ:ウェポンユニット21 ウォーターアームズ

【作品コメント】
福祉施設などでの使用を想定し、よりインテリアとして親しみやすい木目調の外装を採用。
特別な改造はありませんが、植物への給水や薬剤散布のためのスプレーユニットが追加されています。

【企画担当者コメント】
意表を突く木目調塗装! なごみ系でもある「TAMOTU」の魅力を、オリジナリティーあふれる塗装で再現されています。「ウォーターアームズ」も雰囲気にぴったりです。

 

エントリー№03

作品名:公共施設メンテナンス用TAMOTU
製作者:株式会社ハイキューパーツTwitter ID:@hiqparts
流用パーツ:(なし)

【作品コメント】
都市内の様々な公共施設を維持・管理するためのメンテナンス用として配備されているTAMOTUというイメージで製作しました。

1号機は概念実証機で、公共施設を模した試験場でアーム以外のオプションをテストするするために利用されます。
2号機は運用試験機で、実際に都市に投入してアームを使ってできる仕事(掃除や修理など)をこなします。住民の認知度を上げるためにフレームは目立つ蛍光色(運用カラー)で塗られています。

使用素材
迷彩塗装に利用したカット済みマスキングシール、灯火類発光表現用の蓄光シールは試作品を使用。
ナンバーと三角マークはDZナンバーデカールダークグレーを使用しました。
蓄光シールは、輝度が非常に高く、3秒程度の露光で発光したように撮影できます。

塗装色
外装 ガイアカラー ニュートラルグレー1-2-3(1→3→2の順番でマスキング塗装)
フレーム色 ガイアカラー ダークグリーン
フレーム色 ガイアカラー ピグメント蛍光オレンジ

 

【企画担当者コメント】
なんと2体でエントリーされたハイキューパーツ様。ハイセンスかつ丁寧な塗装が目を引きます。画像1枚目の蓄光シールはまだ試作品とのことですが、LED内蔵と見誤る驚きの輝きです!

 

エントリー№04

作品名:アーキテクトTAMOTU 轟雷 Ver.
製作者:壽屋 野内
流用パーツ:「フレームアームズ 迅雷」「ハンドスケール 轟雷」、ランナーの枠(3㎜棒)などジャンクパーツ少々。

【作品コメント】
私はフレームアームズ・ガール、フレームアームズ担当なので、フレームアームズ迅雷とミキシングしつつ、轟雷カラー(ガイアノーツ様製)でまとめました。
ほとんどアーキテクトしか使ってませんが。TAMOTUフレームのネイキッド感に合わせてみました。
腕はTAMOTUの足の関節部に3㎜穴を開けています。
後ろ足にも3㎜穴を開けているのでの4つ手にできます。
ハンドスケール轟雷が乗せられるようにしましたのでスケール的には1/24スケールぐらいの想定です。

【企画担当者コメント】
ハリウッドのSFX映画に登場しても違和感がないような、2足歩行型の「TAMOTU」! 胴体を反転することで「TAMOTU」本来の前脚部がロボットの肩に見えるあたりなど、人型ロボットとして完成度の高い作例です。

 

——————————————————-

それでは今回はこのあたりで。
今後も「TAMOTU」の作例を1回4~5作品ずつご紹介していきたいと思います! また作例一覧のサムネイルは「マルットイズ プラモデルシリーズ 特設ページ」でもご覧いただけます。

 

それではまた。

企画・開発:カンノ

©MARUTTOYS

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。