【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

HMMゾイド新商品「ジェノブレイカー リパッケージVer.」ご予約受付開始!

投稿:2020年07月07日
テーマ:新製品案内

(´・*・) 今回は当時TOMY製パッケージデザインオマージュ。エクスブレイカーの開き方が左右で違うのが肝。

 

こんにちは、げんすいです。早速ですが

EZ-034 ジェノブレイカー リパッケージVer.

本日ご予約開始です。プテラスボマー マーキングプラスVer.ご案内時の次回予告で赤文字だったので予想されていたゾイダー諸兄も多いことでしょう。

おまたせしました、魔装竜降臨あらため再臨です!

 

好評発売中のジェノザウラー リパッケージVer.同様、一直線になった荷電粒子砲発射形態が取れるようになり、成型色をナンバリング010の最初のHMMジェノブレイカーと同一にしたものとなっております。

フリーラウンドシールドが塗装済みパーツではない、各部フィンがダークグレー(純黒ではないのです)であるなどが特徴ですね。

2月発売のブレードライガーABから間が空きましたが、いよいよライバル同士並べられるようになります。

(´・*・)なお昨年12月の再生産も早々に完売したデススティンガーも近々再生産予定です。これで3大機獣最終激突が出来ますね!

 

今回のデカール。

当時TOMY製のジェノブレイカーのパッケージ見本や付属していたシールを元に、今回もかなり盛り盛りな内容です。(シート面積的にはジェノザウラー以上)

一番のポイントは実はHMMでは初封入になる、ジェノブレイカー用のエンブレムマーク。

ジェノザウラーにもRのマークがありましたが、ブレイカーは「R Specialと別のマークなんですよね。

(´・*・)ワガママにお付き合いいただき、データをご提供くださったタカラトミー様に感謝感謝・・・!

 

またもちろん今回もクリアーパーツはクリアーレッドに加え無色クリアー成型のものも同梱しています。

さらにニューフライングベース他の角型接続に対応したアタッチメントが無色クリアー成型で付属します。

この点はジェノザウラー リパッケージVer.と同じですね。

 

おまけカット。

ブレードライガーのレーザーブレードは本商品には付属しません。が、一応キラークローで持てることを改めて確認。

(´・*・)←またわざわざ左のフリーラウンドシールドを外した人

 

おまけカット2。

手首を回したのではなく、キラークローに挟んで持たせています。意外にも保持できたので(笑)

塗装後に再現すると擦れて剥げる可能性がありますので、マネは自己責任でお願いします。(素組みなら特に問題ないですね)

 

ということでEZ-034 ジェノブレイカー リパッケージVer.

2020年11月発売予定です。当時TOMY製ジェノブレイカーの発売から20年と4ヶ月(!)

今ジェノブレイカーが欲しかった・・・!という方は是非お見逃しなくm(_ _)m

 

この次にご案内する新商品は実は既に予告済み。こちらもお楽しみに!

 

(´・*・)げんすい@ワイルドライガーのテストショットご紹介も準備中。もうしばらくお待ち下さいませ

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd. and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。