Language
English

ACE COMBAT 7「ADF-11F」「ADFX-10F」プラモデルご予約受付開始!

投稿:2019年10月24日
テーマ:新製品案内

こんにちは、げんすいです。

私と同じ「大馬鹿野郎」の皆様、お待たせしました。いよいよふぎむに・・・もとい、レーベンとプロトタイプをご紹介する日がやってまいりました!

 

ここまでの「ADF-11F」「ADFX-10F」おさらい

今年2月10日、ワンダーフェスティバル会場でいきなりの原型初展示にて「ADF-11F」商品化発表。

こちらは5月8日~12日の静岡ホビーショー、5月19日の極上爆音ファンミーティング、7月28日のワンダーフェスティバルでも引き続き展示いたしました。

そして・・・

https://twitter.com/kotobukiya_p/status/1177388242846375937

先月9月27日、塗装完成見本の展示と合わせて「ADFX-10F」も同時発売となることを発表しました。

※上記ツイートは当日見直してフリック入力ミス(ADFX-11Fではなく10)に気付き訂正ツイートいたしました・・・

 

ADF-11F

ADFX-10F

として2商品それぞれ本日よりご予約受付開始です。

「なるほどこちらはファルケンの発展機・・・!」となった商品化検討の頃も懐かしいです。

 

本商品シリーズについて

1995年に第一作が発売された、フライトシューティングゲーム「ACE COMBAT」シリーズ。

第二作目「ACE COMBAT 2」(1997年発売)以降シリーズには数多くの架空機たちが実在機と並び空を飛んでいます。

2018年10月発売となった第1弾、初代架空機のうちの1機「XFA-27」(来月再生産予定!おまたせしました)

来月2019年11月発売予定の第02弾、「ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN」登場時点で最新の架空機となる「X-02S」、そして続く第3弾。

同じく「ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN」登場時点で最新の架空機となるADF-11F」とそのプロトタイプであるADFX-10F」が初のプラモデル化となります。

 

商品サイズは「メーカー各社様より多数発売されている実在機のプラモデルと並べて編隊飛行を卓上で再現出来るように」と考え、1/144スケールを採用しました。

小サイズのアイテムのため嵌合を適切にするための制約が出がちですが、本商品は接着剤不要のスナップフィットモデルとして設計されております。

・・・というのがここまで2商品でのご説明でしたが、本機は大型の機体。1/144スケールでも全長は20cm超えとなります。つまり1/72スケールだと40cm超えとなり卓上に他の機体と並べるには流石に大きすぎるという問題が。

特にミッション20をプレイされた方は本機「ADF-11F」を2機並べたいと思うこと間違いなしな点からも、今回1/144スケールを採用しています。

 

組み立てるだけでもイメージに近い仕上がりになるよう2商品それぞれ異なる成型色、エンジン等一部色分けも行っております。

この「組み立てるだけ」という部分も、例えば弊社M.S.Gウェポンユニットが組み立てられれば問題ない程度に平易な難易度になります。

「プラモは小さいころちょっと作ったことがあるけど、飛行機プラモなんて作ったことない」という方にこそ、是非作ってみていただきたい商品としてお届け出来るかと思います。

 

両商品の共通仕様

まず早速ですが本機の最大の特徴、ノーズユニット「ADF-11」または「ADF-10」とウイングユニット「RAW-F」の合体・分離機構は組み立て後にも変更が楽しめる組み換えにて再現。

ノーズユニットの前進翼(合体時ではストレーキになる部分)は可動します。

今回はXFA-27と異なり左右連動機構はありませんが、開閉どちらか2箇所のポジションにしかならないので問題はないですね。

ウイングユニット「RAW-F」後部、排気パドルとエアブレーキも可動。ピッチアップ・ダウンと減速時を再現可能です。

系列機の特徴的なエアブレーキ、上下1枚ずつ連動はしませんがやはり可動で開閉したい箇所。

排気パドルともども奥まった箇所で、また自重で垂れ下がらないよう硬めに調整してまいりますので、動かす際はつまようじやピンセットなどがあると便利です。

シリーズ恒例のランディングギアとウェポンベイは差し替えで開閉を再現

とさらっと言っていますが、このエンジンブロックの後輪は垂直方向に、ウェポンベイは斜めに開閉するというインジェクション成型上悩ましい機構が巧みなパーツ分割により再現されています。

(´・*・)ここは組み立てる側はパズル構造が楽しい箇所、設計者は多分頭を抱えていた箇所だろうなと(笑)

蓋はピンセットなどの先の細い(薄い)ものを使用していただくと組み立て後にも取り外しがしやすいです。

またADF-01同様に飛行時に展開・着陸時に収納されるウイングユニット下部カナード翼は可動にて再現しております。

飛行状態でのディスプレイ用のベースは今回ミニベースとニューフライングベースが各1個付属

大型機である本機にはさすがにミニベースでは心許ないという懸念から、ウイングユニットおよび合体時はニューフライングベースを、ノーズユニット単体はミニベースを使用します。

<< 翼を脱ぎ捨てて……飛行を続けています! >>

これにより本商品だけでノーズユニットとウイングユニットの両方を浮かせた状態で分離時の再現が可能です。

もちろんX-02Sに続きそれぞれロール軸が設けられた専用接続パーツを介して接続します。

 

「ADF-11F」と「ADFX-10F」商品形態の違いについて

ADF-11Fは本体を黒色成型とし、ADF-11F Skin#03を再現した配色になっており、付属のデカールと組み合わせてFUGIN・MUNINを再現することもできるようになっています。

塗装完成見本では黒色をゲームテクスチャーに合わせてパネルごとに塗り分けておりますが、製品では単色となります(これはADFX-10F共々ですが)。薄すぎてパーツを分割できませんので・・・。

ウイングユニット主翼部には高機動ミサイル4基またはWEAPON UAV2を懸架することができます。

TLS(発射口は造形されています)、QAAM、WEAPON UAVの3種の特殊兵装を選べるわけですね。

<< 各機に通達 UAVから何かが射出された!

小型の無人機だ! >>

WEAPON UAVは本体から分離が可能。付属の専用接続パーツ(計3個付属)とミニベースを使用しディスプレイが可能です。

但しミニベース本体は1個のみ付属としております。ノーズユニット・ウイングユニット・WEAPON UAV2基を全て別々に飛行状態でディスプレイするには別途ミニベース(2個入り)をお買い求めください。

https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000002656/

https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000002655/

(´・*・)元々ヘキサギアのこちらを流用しておりました。3mm軸接続パーツがあるので本シリーズ以外にも小物の展示にぴったりです

 

続いてADFX-10F

ミッション10に登場した「ADFX-10」にウイングユニット「RAW-F」がセットになっており、コレクターズエディション付属のブックレット「ACES at WAR:A HISTORY 2019」にて描かれた合体状態「ADFX-10F」も再現出来るようになっています。

またキャノピー部はADFX-10のものに加えADF-11のものも付属し、ADF-11F Skin#02としても組み立て可能です。

ウイングユニット主翼部には高機動ミサイル4基を懸架することができます。

ADFX-10Fには「WEAPON UAV」「WEAPON UAV専用ミニベース接続パーツ」は付属しません。

逆にADF-11Fには「ADFX-10のキャノピー」は付属しません。

 

さらに現在デザイン制作中ですが、今回はデカールも両商品で異なります

ADF-11Fは各部コーションが白(Skin#03、07相当)、ADFX-10Fは各部コーションが赤(Skin#01、02、04~06相当)となっており、そちらを再現しております。

またSkin#04~06、メイジ2・スペア15・ストライダー1各部コーションが赤なのでADFX-10Fにオーシア国章(ロービジ)を含めた各マーキングが付属します。

さらに本商品いずれも各部未塗装にも関わらずサイズの影響でXFA-27やX-02Sよりも高額ということもあり、それぞれに異なるボーナスエンブレムデカールが付属予定です。

ACE COMBAT 7らしいチョイスを予定しております。詳細は決まり次第こちらのブログ「壽!!プラモLABO」でもお伝えいたします!

 

もちろんもう一点大事な違い。

今回もパッケージアートは天神英貴氏に描き下ろしていただきます!

特にADFX-10Fは先述のとおり元々「ACES at WAR:A HISTORY 2019」掲載の1カットしかまだ世にないのですよね。こちらもお楽しみに!

 

<< 敵にミサイルが直撃! ストライダー1だ! >>

<< 全機 コーション

ボギー出現! >>

ということで、ACE COMBAT 1/144架空機シリーズ第3弾

ADF-11F

ADFX-10F

ともに2020年3月発売予定になります。

ゲーム発売(PS4・Xbox One版)から1年ちょっと先とお待たせいたしますが、是非ご予約いただきさらに来月発売になるX-02Sを作りながらお待ちいただければと!

両商品ともお見せ出来る状態のテストショットが出来たらまた改めて本ブログにてご紹介いたします。

 

また来月発売予定のX-02S・X-02S〈For Modelers Edition〉。

パッケージイラストをはじめ、サンプルご紹介も近々いたします。こちらもお待ちいただけますと幸いですm(_ _)m

 

(´・*・)げんすい

ACE COMBAT™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。