マイナビ2020

Language
English

「恐竜博2019会場先行販売」他、HMMゾイド 最近の色々まとめ

投稿:2019年08月27日
テーマ:ゾイド

(´・*・)何度見てもあれから14年経ったとか恐ろしい・・・

こんにちは、げんすいです。

 

https://twitter.com/kotobukiya_p/status/1121995266523979778

4/27開催の第二次スタンド・リバー会戦にていきなりサンプル初公開となりました

ジェノザウラー ボーンカラーVer.

ガンスナイパー ボーンカラーVer.

7/13(土)から始まっております恐竜博2019会場にて先行販売中です!

本日はまずこちらをご紹介してまいります。

 

恐竜博2019公式サイトはこちら↓

https://dino2019.jp/

 

第二次スタンド・リバー会戦の新発表まとめでも触れましたが、本商品は恐竜博2005の際、当時TOMY様から4種類の開催記念ゾイドが販売されていた物のオマージュアイテムとなっております。

あれから14年経ち、昨年より始まったゾイドワイルドのタカラトミー様商品と一緒に恐竜博2019会場で先行販売されることが感慨深いのは自分だけではないでしょう。

もちろん恐竜博2019はデイノケイルスの実物化石やむかわ竜の全身実物化石など大変見どころ満載なものになっているとのことで、是非期間中に1度は見ておきたいイベントとなっております!

(´・*・)内覧会で1度観させていただきましたが、少なくとももう1回はゆっくり観に行きたい!(笑)

 

まずはパッケージ。今回はマーシーラビット氏によるイラストではなくサンプル画像を使用したもの。

仕様の近いものとしてはビームガトリングセットになりますが、当時TOMY製の恐竜博2005開催記念Ver.のオマージュ意図でもあります。

(;´・*・)背景にモチーフの骨格図を入れようかという案もありましたが、結構ギリギリ進行だったので・・・

 

両商品とも説明書に新規テキストはなし、純粋に組立説明書になっております。

また今回はデカールもありません。こちらも恐竜博2005開催記念Ver.に倣いました。

 

ジェノザウラー ボーンカラーVer.

よもやこのカラーリングのHMMジェノザウラーを、平成から令和になって、恐竜博会場で先行販売出来ることになろうとは・・・重ね重ね本当に感慨深いものがあります。

白骨化石をイメージした装甲色とフレームの茶色2種、側面部モールド等の明るいメタリック色、爪や武装の暗いメタリック色、そして関節キャップと各成型色を新規に作成。

恐竜博2005開催記念Ver.の配色をHMMのランナー分けに合わせながら再現しております。

また頭部クリアーパーツは外の板と中の眼の両方をクリアーオレンジ成型に。こちらもいつもの共和国系ゾイドよりも少し濃い目の新規成型色になっています。

 

既存パーツ(金型)への形状変更、可動範囲を減らすような変更は一切していないので砲身から尾まで一直線になった荷電粒子砲発射形態がしっかり取れるままになっています。

またシールドライガーDCS-Jのご案内に引き続きで心苦しいですが、本商品での新規造形パーツはありません。

基本的に2007年発売のHMMジェノザウラーが大元になるということで、近年の弊社プラモデルと比較してしまうとさすがに組み立て難度が高めなことは否めないところです。

画像で使用しているサンプルは私が素組みしたもの。特に接着やはめ込みの調整等は行わなかったので、現時点でとりあえず問題なく組み立ては出来ます。

※第二次スタンド・リバー会戦でもご覧いただいたもので、あの時点でこの成型色に仕上がっていました。

もちろん金型の痛みやバリなどは(普段の再生産でも同様ですが)しっかり調整し設計通りにお届け出来るよう、開発と工場に目を光らせてもらっています。

 

ジェノザウラーやシールドライガーなど、Ver.2をやらないのか?という声がある事は重々承知しております。

ですがそれ以上に商品化発表を行ったレブラプターをはじめアレやコレはまだか、という新作アイテムへの期待の声の方が未だ強いと感じております。

将来的にVer.2をやる可能性がない訳ではないですが、第二次スタンド・リバー会戦での商品化発表群を皮切りに引き続きHMMを広く展開していければと考えております。

(´・*・)もちろん現企画担当の自身がアレもコレも欲しいという気持ちなのも否定はしませんg

 

さて脱線しましたが引き続きこちら。

ガンスナイパー ボーンカラーVer.

恐竜博2005開催記念Ver.のオマージュアイテムとして、ジェノザウラーと同一の成型色で類似の配色をしたアイテムになります。

スナイプマスター、そして4種のうち唯一ツインアイではなくキャノピーだったレイノスという前例もあってか、違和感なくこのカラーリングがはまりました。

元々ガンスナイパーが共和国製ゾイドでオレンジキャノピーだからということもあってか、こういう部隊カラーがあってもおかしくないような感じですね。

頭部は耳だけでなく頬もガンメタに。手足の爪をジェノザウラー同様のメタリック色にするついでというところですが、配色的にもパーツデザイン的にも置いてみたら収まりがよかったので。

 

こちらも各部可動は元のHMMガンスナイパーから変わりなし。

元は2009年発売の商品ですが、こちらはサイズも相まってジェノザウラー程難儀はしないかなという感じです。

このカラーリングになってもグリグリ動いてカッチリしているガンスナという印象は変わらず!

 

商品名はガンスナイパー ボーンカラーVer.としておりますが、本商品にはボーナスパーツとしてワイルドウィーゼルユニットが付属します。

本体では使わなかった明るい方のメタリック色をワイルドウィーゼルユニットに使ったカタチですね。

ショートビームガン、3連装ビームマシンガン(ランナー配置の都合で計4丁付いてきます)と合わせお好みでカスタマイズにご使用いただければ。

 

ということでざざっとではありましたが、まずは恐竜博2019会場先行販売品のご紹介でした。

また本商品は後日コトブキヤショップ(オンラインショップ含む)でも販売予定です。

詳細はまだ未定となっております。恐竜博2019会場先行販売をお求めいただくか、改めてのご案内をお待ちいただければと思いますm(_ _)m

 

続いて順番が前後しますが、6月に全国コトブキヤプラモデル取扱店舗様で店頭に並んでおります、

EZ-049 バーサークフューラー リパッケージVer.

HMMブログではまだご紹介しておりませんでした。マーシーラビット氏によるこちらのパッケージが目印!

旧版からフューラー本体は変更を加えず、背景のみ新規に・・・というオーダーにマーシーさんから上がってきたのがこちら。ディマンティス軍団・・・これは間違いなく鉄竜騎兵団旗艦ゾイド!

 

中身の方も既報のとおり、リパッケージのこの機会にということで若干の変更・アップデートを行っています。

デカール収録内容は当時TOMY製商品のパッケージ見本風に仕上げるのに不足していた分のマーキングを追加。(シュトゥルムユニットの時に追加で含んでいた分ですね)

そして重要な足首のABS製パーツ。シュトゥルムテュランにてアップデートをしたこちらを追加しており、ポーズ保持力が向上しています。

パイロットフィギュアはPVC製一般兵に。こちらもシュトゥルムテュランと同じものになります。

 

発売直後はすわ即完売かとも危ぶまれましたが、現在まだシュトゥルムユニットともどもメーカー在庫ありになっております。

(´・*・)とは言えでうかうかしてると毎回すぐ売り切れるのがゼロとこの子・・・

店頭でお見かけの際はどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

そして7月中旬よりご予約開始しました、

EZ-016 セイバータイガー マーキングプラスVer.

第二次スタンド・リバー会戦での発表からお待たせしました。紅き暴風の驚異が再び帰ってきます!

 

本商品の重要なポイントはここでしょう。

コトブキヤショップ限定商品RZ-001 ゴジュラスガナーでも案内時に好評いただいた、無色クリアーパーツを追加しています。

シリーズを遡るとセイバータイガーのクリアーグリーン、グレートサーベルのクリアーレッド、そしてカスタマイズメッキパーツ付属のスモーク成型がありました。

例えば黄色系や青系にきれいに塗るのは非常に難しかった、ということでこの機会に追加しております。

(´・*・)思いの外旧版からそこまで価格に影響なかったんですが、これを足したらそのままでは無理だったという・・・

なおこの他の既存パーツにつきましては以前の物と成型色に変更はありません

 

ツイッターでも先にご案内した収録デカール内容。

元々セイバータイガーにはテトロンシールが、カスタマイズメッキパーツには同内容のデカールが付属していましたが、そこから何倍に増えたか数えるのはやめました(笑)

片平まさし氏によるHMM用イラストや当時TOMY製キット付属分、パッケージ見本各種(複数違いのある見本がいます)をなるべく再現したいとしたらこうなりました。

ガイロス国章も3パターン2サイズ用意していますので、他のキットへの流用もいけますね!

 

本体の新規造形パーツはありませんが、勿論各部形状と組みやすさは金型を(工場が)調整して発売に備えてまいります。

EZ-016 セイバータイガー マーキングプラスVer.

12月発売予定、2019年トリのHMMアイテムがこちらになります。

前月のゴジュラスガナーの方がボリューム的には特大ではありますが、こちらもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

また再生産につきましても徐々にというところですが展開していっております。

RZ-041 ライガーゼロ マーキングプラスVer.

8月再生産

EZ-049 シュトゥルムテュラン

10月再生産

DPZ-10 ダークホーン

11月再生産

ゾイドカスタマイズパーツ ビームガトリングセット

11月再生産

EZ-036 デススティンガー

12月再生産

2019年内はこんなスケジュールになっております。

まだ持っていないという方、あるいはもっと欲しいという方(笑)はどうぞお見逃しなく!

 

 

ということでHMMゾイド最近の色々まとめブログでした。

この先の、ワンフェスでも特に無かった新しい情報としましては

次はゴドス旧共和国仕様の予定ですとお伝えいたしましょう!

新規造形パーツ追加アイテム、お待たせしました。

9月の早いうちにはご案内出来るかと思いますのでお見逃しなく!

 

(´・*・)げんすい@10月からノンストップで新商品(リパッケ含め)ラッシュです

 

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。