マイナビ2020

Language
English

第二次スタンド・リバー会戦 HMMゾイド新発表まとめです

投稿:2019年05月22日
テーマ:ゾイド

ゾイダー諸兄、改めまして4/27は第二次スタンド・リバー会戦へのお越し、誠にありがとうございました。

当日はなんやかんやとバタバタしてしまい終わり間際に一気に皆様の完成品部隊を眺めていたげんすいです(´・*・)

 

前回よりも展示スペースを増設(18卓→24卓)していたにも関わらず、当日フタを開けてみたら圧倒的な帝国軍の戦力w

281466と、これに壽屋工廠からの増援12+6+3(ボーンカラーVer.はキャノピーオレンジだから共和国だよねという計算でw)を足しても全く及ばない戦力差で第二次スタンド・リバー会戦は帝国軍の勝利と相成りました。

 

またスタンドリバー団にも各コンテスト受賞作品も含め(こちらももちろん招待枠みたいなものではないので、お越しいただき本当に感謝でした!)60体ほど集まり、当日はお子さんがじっくり見ていっていたのが印象的でしたね。

時代を超え愛されるゾイドの力を改めて目の当たりにしました。

 

さて、当日はツイッターでも速報をお伝えしましたとおり、11点の新商品発表を行いました。

詳細な解説はそれぞれ改めてとしつつ、まずはこちらのブログでもツイートをまとめてまいります。

2013年12月の「RBOZ-003 ゴジュラス」発売の際、コトブキヤショップ購入特典として「新共和国イメージカラー外装パーツ」というでかい袋のパーツセットをお付けしておりました。

あれからかれこれ5年以上が経過、そろそろ何らかのカタチでの入手手段があった方がよいのでは?ということで、コトブキヤショップ限定品として「新共和国カラーゴジュラス」+「ゴジュラスキャノンセット」の「ゴジュラスガナー」が発売予定です。

(´・*・)「ゴジュラスキャノン」という呼称もありますが、当時TOMY製「ゴジュラスキャノンセット」の記載に合わせました。

発売月やお値段、そして仕様の詳細などはご予約開始までしばらくお待ちくださいませ。

 

恐らくこちらは今回誰も本気で予想し得なかったサプライズではないでしょうか?

ジェノザウラー ボーンカラーVer.

ガンスナイパー ボーンカラーVer.

特別カラーバージョンHMMゾイド2種が恐竜博2019会場で先行販売されます!

イベントが7/13~ということで、「バーサークフューラー リパッケージVer.」に続く発売の新商品となりますね。

恐竜博2019公式サイトはこちら↓

https://dino2019.jp/

 

ゾイダー諸兄には説明不要かも知れませんね。恐竜博2005の際、当時TOMY様から4種類の開催記念ゾイドが販売されていた物のオマージュアイテムとなっております。

展示内容も見どころ満載の恐竜博2019、是非足を運んでみてください!(勿論自分もじっくり見に行きたい・・・!)

また「会場先行販売」としております通り、後日コトブキヤショップ(オンラインショップ含む)でも販売予定です。詳細はこちらも改めてのご案内をお待ちください。

 

HMMワイルドライガー

予想されていた方も多かったかも知れませんが、現在大好評展開中のゾイドワイルドより早くも商品化決定です。

 

当日発表でもご案内した仕様は以下のとおり。

  • 1/35スケール
  • 眼球やしっぽなども含め全身フル可動
  • 各部色分けを再現
  • ボーン形態にアーマーを取り付ける要素を踏襲
  • ゾイドコア内蔵
  • アラシのフィギュアが付属
  • 関節キャップはタカラトミー製ゾイドワイルドと共通サイズ(PS製)

ということで、HMMゾイドワイルドとしても最新の4足歩行HMMゾイドとしても不足ない仕様を目指して設計をしております。

(´・*・)意外かも知れませんが、実は2012年10月発売シャドーフォックス以来の完全新規造形4足歩行ゾイドだったりします

こちらはもうしばらく先の発売予定。まずは原型情報公開までお待ちいただければと思います。

 

ワイルドライガーに続いてファングタイガーとイラストはまだないですがギルラプターも商品化決定!

ファングタイガーはワイルドライガーからボーンの大部分を共通化、ギルラプターは関節キャップに至るまで別形状のため完全新規造形です。

こちらは2点ともだいぶ先の情報を公開したカタチになります。ワイルドライガー完成後、ファングタイガーにも取り掛かっていくかたちになります。

 

以上6点、13時~のトークにて発表した商品になりました。

続いては

マーシーさんとのトークショーで発表したのがこちら。シールドライガーDCS-J

シールドライガー、もしくは同Mk-Ⅱ(2)の再生産を検討していたのですが、いっそ未商品化であったこちらをリリースしようということでカラーバリエーション商品として発売決定しました!

↑のツイートではサンプル展示中となっておりますがこちらは誤植で当日展示は間に合わず、静岡ホビーショーの一般公開日での初展示となりました。

近日ご案内予定ですので少々お待ちいただければと思います。

 

そしてイベント終了時の発表が以下4点。

(´・*・)現地ではみんなして「どうせここでも発表するんでしょ~?」という空気でちょっと安心しましたw

HMM006セイバータイガーマーキングプラスVer.として発売決定!

先月より発売になっているライガーゼロ、今月発売のイエーガー・シュナイダー・パンツァー同様成型色は元のままデカールを増量(元々セイバータイガーはテトロンシールでしたが)し再登場します。

旧Ver.の最後の再生産は2013年9月・・・?久しぶりのこの機会、ご案内の際には是非お見逃しなく。

 

HMM004ジェノザウラーリパッケージVer.として発売決定!

こちらは恐竜博2019会場先行販売のボーンカラーVer.と同じく、荷電粒子砲発射体勢がしっかり取れるようになった仕様です。

元は2007年12月発売とだいぶ前の商品ではありますが、本カラーの再生産を望む声も多くいただいておりましたので改めてこの仕様で発売準備を進めております。

こちらも案内までもうしばらくお待ちいただければと思います。

 

ゴドス 旧共和国仕様

共和国小型ゾイド共通コックピットを新規造形にて追加し、カラーリングを旧共和国カラーへ変更し登場です!

こちらも現行の新共和国仕様を再生産するにあたり「いや、この機会に共通コックピットを追加したい!すべき!!!」と仕様変更を決意。

結果的にというところではありますが、こちらにより今回の発表が第1期~第3期(ワイルド)までまたがるものとなりました。

「追加」としております通り、新型コックピットや重装甲タイプ(改造型)用パーツも据え置きで付属します。

こちらは次にお見せ出来るのは共通コックピットを使用した原型ではなく、その塗装完成見本になるかと思います。

 

最後の発表となったのがこちら。レブラプター

古くはブレードライガーのパッケージで、そして現行最新のシュトゥルムテュランでも描かれており、またガンスナイパーの発売から遠く待ち望んでいた方が多いと思います。

完全新規造形アイテムとしてはストームソーダー以来ですが、こと小型ゾイドに限定すると実にプテラスボマー(2011年5月発売)以来となります・・・!

最新HMMとして当然これまでの物に見劣りなく、なおかつ商品としていい具合に落とし込めるよう設計を進めてまいります。

続報をお待ちいただけますと幸いです!

 

ということで以上、第二次スタンド・リバー会戦での新商品発表情報まとめでした。

イベントの初報ブログ(https://www.kotobukiya.co.jp/labo/labo-164400/)で「新作HMMゾイドの」「複数の新発表を予定して」いるとは言いましたが、完全新規造形が3点、部分新規が2点、合計11点に及ぼうとはこの時自分も想像していませんでした(笑)

令和のHMMもゾイドワイルドとも一緒に、何処までも進めるよう展開してまいります。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

(´・*・)げんすい@初報ブログで「カモンカモンカモーン」って書くのを全力で我慢してましt

 

 

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

© TOMY/ZW製作委員会・MBS

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。