Language
English

ストームソーダー アーラバローネ仕様 テストショット紹介です

投稿:2017年10月03日
テーマ:商品紹介

まずは全日本模型ホビーショー、コトブキヤブースへご来場の皆様、ありがとうございました!

さすがに夜はマッドサンダーイベでの箱埋めで済ませてたげんすいです(´・*・)

 

シュトゥルムテュラン、シュトゥルムユニットの塗装完成見本ご紹介はまた改めて、ということで本日は・・・

「天定まって、亦能く人に勝つ!」

前々回に続きまして、ストームソーダー アーラバローネ仕様のテストショットをご紹介です。

以前の通常版のご紹介と合わせてご覧ください!

https://www.kotobukiya.co.jp/labo/labo-124987/

 

重ねてのご紹介ですが、アーラバローネ仕様ではフライングベース・ネオ(ベース部分は1枚のみ)も付属。

通常版ともども付属する専用アタッチメントを使用することで安定した飛行ポーズでの展示が出来ます。

この画像の通り、若干であれば降下方向にピッチングさせても保持出来ています!

 

通常版と成型色が異なるのはトップソード・首パイプ・ウイング部ノズル・脚部の赤。

こちらはデコマスのご紹介時には少し明るめでしたが、真っ赤というよりは暗めの赤に振っています。

アニメZOIDS劇中でもハイライトが暗い赤、シャドウが(青みのかかった)濃いグレーでしたね。

 

そして首と太腿は本体よりも暗いガンメタ寄りのシルバー。

このために通常版ともども首と太腿は別ランナーにしてもらいました。

なお頭部側面とウイングのフチも同色の設定なのですが、それぞれパーツ厚み(強度)の都合上本体シルバーのままになります。ご容赦ください。

 

アーラバローネ仕様再現のために追加された対空ミサイルパーツ、のランナー。2枚付属します。

「モナカ分割は嫌じゃ!でも安定翼はちゃんと十字じゃなくX字でマウントしたいんじゃ!」

僕が我儘を言った結果、4パーツ構成×6本になりました。

分割がそれぞれ段落ち部かスジに来るようになっていますので合わせ目消し不要です!

ゲート処理はちと手間ではありますが、素組みでも見映えがするかと。

 

そしてこちらは初紹介!

アーラバローネ仕様のみに付属する「トップソード」「ウイングソード」の発光状態をイメージした特殊成型色パーツ。

 

近いところではゾイド新世紀スラッシュゼロのBD-BOXに付属したライガーゼロのような半透明成型になります。

薄くなるフチの方に行くにしたがって透けが強くなり、中央から発光しているような印象になっています。

 

余談ですがこのランナーを見ての通り、トップソードとウイングソードは同じランナーになります。

つまりアーラバローネ仕様ではトップソードの色分けのために

・メタルブラック成型

・レッド成型

そしてこの発光状態イメージ成型と、同じランナーが3色付属することに・・・。

使わない1セットはお値段に含んでいないので、ボーナスパーツということで(汗)

 

まずはウイングソードから差し替え!

初登場時から決め技として使っていたので印象深いですね。

こちらは関節キャップを外して付け替えるだけなのでお手軽にお楽しみいただけます。

そしてアーム角度を調整してかなり左下げでロールさせてみたんですが、ばっちり保持しています・・・!

 

トップソードの差し替えですが、頭部カバーにはめるパーツ構成になっているため、

一度頭部カバーとクリアーパーツを取り外す必要があります。

現在のテストショット段階では組み立て後にも容易に取り外せるようになっていましたので、このまま製品版でも出来るように調整します。

 

「ゾイドは心で動かすんだよ!」の背面飛行カッコイイですよね・・・。

専用アタッチメントが使用出来ないためちょっと不安定ですが、フライングベース・ネオ付属のアームに乗っけて何とか再現。

 

というところで、ストームソーダー アーラバローネ仕様のテストショット紹介でした。

発売はコトブキヤショップ限定12、どうぞお見逃しなくっ!

 

 

(´・*・)げんすい@早く2機並べて撮影したい・・・!

 

©1983-2005 TOMY ©ShoPro  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。