Language
English

ストームソーダー テストショット紹介です

投稿:2017年09月12日
テーマ:商品紹介

祝・バーサークフューラー登場!今日の追加は何かな?(※恒例のゾイドFOR話です)げんすいです(´・*・)

ということでお待たせしました!

いよいよストームソーダーのテストショットをご紹介出来ます!!!

それでは早速ご覧ください。

 

※以下の画像は開発中のものになります。商品版とは異なる場合がございますのでご注意ください。

 

まずは立たせてみた。

飛んでいるストソもカッコイイんですが、立ち姿もモチーフ同様非常にカッコイイと思うんです。

 

・・・そしてお分かりいただけるだろうか?

ベース無し、しっぽでの補助も無し、しっかり2本の脚で立てました!

(デコマスではさすがに怖くて出来なかったんです・・・)

 

翼の開閉が違うだけでも随分印象が変わりますね~。

本体の銀色はデコマスの明るいシルバーを目指して何度も開発に調整してもらいました。

(そのためだけではないですが)中国工場まで出張してもらった甲斐はあるかと・・・!

成型ではウェルド等によりどうしても塗装の銀色には及ばないところですが、弊社史上最高に明るい銀色成型になりました。

 

ちなみに・・・

 

(健全なゾイダー30歳)が持ってこのサイズ!

何度かお伝えしていますが、横幅48センチメートルの大きさがこれで伝われば幸いです。

 

あと2ヶ月もしたらゾイダー諸兄も手で持って飛ばしたくなるはずw

ちょうどお腹の部分を指で摘んで持ちやすいんですよ。

 

さて、せっかくのテストショットなので

デコマスではお伝え出来なかったアレやコレやをガンガン紹介してまいりましょう。

 

頭部も大きく可動しますが、首の胴体側可動軸もご覧のように可動。

直立時や飛行時など各ポージングでの「ちょうどいい表情付け」がしやすいです。

 

胸部インテークファンとエンジンノズルはボールジョイントで可動。

直立時にはそれぞれを前方へ向けることで垂直離着陸の演出が出来ます。

マグネッサーウイングと併用することで所要時間の短縮が出来るとかそんな感じですかね~

 

エンジンポッドは胴体側とポッド側それぞれに可動軸があり、画像のような前後位置や角度調整はもちろん・・・

(左側が前寄りに、右側が後ろ寄りに動かした状態です)

 

斜めに向けることも可能です。え?

 

※本商品にフライングベース・ネオは付属しません。対応アタッチメントのみ付属します。

ヨーイング性能向上とかそんな感じでしょうか。ってことでローリングもさせつつなそれっぽい旋回ポージングを。

とにかく航空(制空)ゾイドとしてはむちゃくちゃ高性能な感があります。

現用機がベクタードノズル、空戦フラップとなるところ、ベクタードスラスターユニットに多軸可動ウイングだもんなあ・・・

 

(´・*・)余談ですがこのポーズ、次の瞬間全身がプロペラみたいに回らない?ってツッコミが社内で入りましたw

 

ある意味いつものHMMらしい要素でしょうか。

しっぽは各節でちょっとだけですが独立可動します。

 

しっぽフリフリするストソかわいい・・・かわいくない?

 

脚部股関節は引き出しギミックを含めた多重可動構造。

冒頭の立ち姿をキメるのにもいい働きをしました!

保持力も翼ともどもかなり硬めになっています。

 

 

というところで、ストームソーダーのテストショットご紹介でした。

次回はアーラバローネ仕様の方をご紹介します!

 

 

(´・*・)げんすい@ウチのフューラーも黒く塗るかな?

 

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。