京都アニメーション様での事件について

Language
English

HMMゾイド各種新装再生産決定!

投稿:2019年01月25日
テーマ:ゾイド

(´・*・)あっと言う間にスタンド・リバー会戦まで残り3ヶ月半・・・

ゾイダー諸兄、作品と心の準備はいかがでしょうか?げんすいです。

さて、ご案内から少し遅れましたが改めてこちらをご紹介いたします。

 

HMMゾイド各種 新装再生産決定!

ライガーゼロ

ライガーゼロイエーガー

ライガーゼロシュナイダー

ライガーゼロパンツァー

 

いずれもマーキングプラスVer.として再登場します。

 

まずはライガーゼロのデカール。これでもかと盛り込んでみました。

(´・*・)いずれもこのデカールのせいではお値段に影響を与えない程度に・・・

 

これまで対になる兄弟機バーサークフューラーは多数マーキングが封入されたデカールでしたが、ゼロ系はマーキング1種のみでした。

今回当時TOMY製付属のシールやパッケージ見本で使用されているマーキングを中心にチョイスしています。

パッケージにも載っている片平まさし氏のイラストでもそれとは異なるマーキングが使用されているので、こちら用も含めています。

 

あとそうですね、タイプ0の紋章は青一択でしょう!と。これはゾイダー諸兄ご納得いただけると思っております。

0マーク、共和国マークとお好みでチョイスして貼り付けていただければと思います。

 

また先日ツイッターでもご案内いたしました通り、4月の発売以降準備が出来次第再生産を予定しております。こちらはご案内までお待ちいただけますと幸いです。

 

続いてライガーゼロイエーガーのデカール。

ライガーゼロのものは注文書にも画像が載っていましたが、ここからは初紹介ですね。

こちらも同様にチョイスしております。なお素体の共通する部分のうち左上のものは「イエーガーで使用されていたもの」に絞っています。

またこちらは片平さんによるライガーゼロイエーガーのイラストと言えば黄色いライン!という印象もあるのですが、改めて組み立てたイエーガーと照らし合わせてみるとその殆どがモールドに沿っているか、マスク塗装が比較的容易な形状になっていました。

唯一塗装での再現が難しいのが肩アーマーの←これだと判断。新造しました。

紋章は緑と黄色に。後述しますがシュナイダーはピンクと赤の2色が確定、パンツァーは紫が確定というところで残る3色から割り振ったかたちです。

 

ライガーゼロシュナイダーのデカール。

当時TOMY製シュナイダーユニットに付属しているマーキングと同じ位置同じ形状でも片平さんのイラストでは色が違うものも用意しました。

紋章はピンク、これはシシリー機がシュナイダーと確定しているので当然チョイス。

そしてHMMブレードライガーミラージュのインスト記述よりピーター機用として赤、この2色になります。

 

最後にライガーゼロパンツァー

手持ちのどの媒体で確認しても268-37のものしか使用されていなかったのでキャノピー部マーキングはこちらのみにしています。

そのかわり?と言ってはなんですがこちらも大ボリューム。

六角形のものや白丸に赤字でPANZER UNITと入ったものなど、オリジナルのデザインをHMMの形状に合わせたサイズに調整しています。

紋章はセレス機がパンツァーということでパープルが確定。

もう一色をこちらに入れて、4種揃えるとレオマスター紋章7色が揃うようになっています。

 

その他4種とも成型色変更なし、パイロットは一般パイロットが付属します。

いずれも貼ってみた例はまた改めてご紹介します。(´・*・)タブン

 

バーサークフューラー

こちらは旧版との相違点は「口腔内荷電粒子砲バレルが伸縮」する点。シュトゥルムテュランで金型を修正しているのでそのままです。

またシュトゥルムユニットに足首関節補強用としてABSパーツが追加されていましたが、こちらをバーサークフューラーに封入します

そしてデカールはシュトゥルムユニットにて追加したバーサークフューラー分のマーキングを盛り込みます

パイロットはこちらも一般パイロット、シュトゥルムテュランと同じものが付属します。

 

最後にバーサークフューラー専用シュトゥルムユニットについては昨年3月の初回発売時と変更なく再生産になります。

 

ということで、HMMゾイド新装再生産5種+再生産1種、1/15(火)よりご案内しております。

ライガーゼロだけは発売がどうにか第二次スタンド・リバー会戦に間に合わせられそうです。

まだお持ちでなかった方やストックが足りない方はどうぞお見逃しなく!

その他のHMMゾイド再生産についても年末年始アンケートで多くご要望いただいておりますが、新装・据置再生産いずれも検討してまいりますのでお待ちいただけますと幸いですm(_ _)m

 

また第二次スタンド・リバー会戦につきまして。

1点お客様相談センターにいただきましたお問い合わせとそのご回答をこちらにも公開いたします。

Q.

機体毎にポイントが決まっていますが、2つの機体をミキシング(例としてHMMライガーゼロとHMMバーサークフューラーの組み合わせた作品など) した機体を作った場合、ポイントなどどのように判断すればよろしいのでしょうか。

A.

機体毎のポイントの判断基準に関しましては「ベースとしたHMMゾイド」のポイントを採用いたします。

例に近いものとして「ライガーゼロにバーサークフューラーの外装を着せたもの」の場合はライガーゼロのポイントを採用することになります。

そういった場合ではなく部位ごとに複数(特に3種以上)継ぎ接ぎして1体の作品として完成させている「オリジナルゾイド」というような例の場合、比重の多いキットもしくはトータルボリュームからどれが適正かご検討いただければと思います。

 

以上がご回答内容になります。

展示にご参加の際はこちらを参考にポイントとサイズが規定からはみ出ないようにご注意いただければと思います。

 

また展示には参加しないけど見には来たいという方。

夕方は西日が気になるところですが、基本的に開催期間はイベントスペースへの入場はフリーになります。

新作発表と展示とを眺めてビル内の飲食店でお茶して帰るのもアリです(笑)。多くのゾイダー諸兄のご来場をお待ちしております!

 

 

(´・*・)げんすい@個人分はこのひと月ほど進捗ゼロです()

 

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。