Language
English

『キリング・ジョーク』版ジョーカー、リニューアルして予約開始と言っても過言ではないのだ!

投稿:2017年01月26日
テーマ:DCコミックス

こんにちは。ARTFX山下(@kikakuguys)です。

 

あの・・・!

 

アラン・ムーア先生と、

 

あの・・・!!

 

ブライアン・ボランド先生がタッグを組んで、

 

あの・・・!!!

 

ジョーカーの誕生譚と、バットマンとジョーカー二人の狂気の深淵を描いた傑作コミック

 

『バットマン:キリング・ジョーク』(小学館集英社プロダクション様から翻訳版が発売中!)

この有名なカバーアートを、コトブキヤがかつて商品化していたことは皆さんご存知でしたでしょうか?

→詳しくはこちらをクリック!

 

今ではプレミアがついていたりもしますし、個人的にも非常に思い入れのあるアイテムです。

 

そこで今回・・・!

 

待望の再生産、と行こうと思ったのですが、せっかくなので新たな着想をもとに台座を刷新!

コミックに倣って、セカンドエディションとして発売が決定です!

 

ARTFX ジョーカー -THE KILLING JOKE- セカンドエディション

(2017年6月発売 ¥9,800)

 

今回の台座は、誕生の元凶ともなったレッドフードマスクを新規造形で。

過去の自分を象徴するこのマスクを足蹴にし、笑顔でカメラを向けるポーズは、前回のサーカスイメージのベースとはまた違ったストーリーを想像させます。

 

「はいチーズ」

って、この被写体が不憫でなりませんね。

いや、もしかして過去の自分を写しているのかな・・・。などと妄想してしまいます。

 

バックショットは作りこまれたトレンチコートの裾から余りある脚が覗きます。スタイルいいです。

また靴もクラシックなスタイルの割に、ズボンの裾をダブルにしているのもユーモラス。

道化感を出してます。

 

イラストでは上の通りフェイスアップだけだったのですが、コトブキヤオリジナルで全身像を作り上げました。

そして原型は、ジョーカーを世界の阿部順之助(RESTORE)、台座部分を当社の新進気鋭の原型師にして映像作家、E-ZIMAこと飯嶋瑞生が担当しています!

 

カメラを持った手元の先に見えるカフスには、お洒落なカフスボタンを着けています。

こうした細部を作りこむことで、魂が宿ります。

また、レッドフードマスクの質感は、コミックのパートカラーを参考に鈍い光沢を目指しました。

 

前回お買い逃しされた方も、手に入れるチャンスです!

商品の特性上、ご予約されないとまたレアーな状態になるかと思いますので、是非ともお忘れなきよう、お近くの小売店様でご予約いただければと思います。

ちなみにコトブキヤショップでのご予約はこちらから承れます!

よろしくお願いいたします!

 

ARTFX山下

※本商品は、2013年に発売した「ARTFX ジョーカー –THE KILLING JOKE-」のライトアップギミックを削除、新規造形の台座を組み合わせた新商品です。予めご了承ください。

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
(s17)

 

 

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。