Language
English

[後編]アメコミnightジム・リーSPECIAL in コトブキヤ秋葉原館と言っても過言ではないのだ!

投稿:2014年12月02日
テーマ:DCコミックス

こんにちは。
ARTFX山下(@kikakuguys)です。

 

お待たせしました!!
先日行われましたイベント、

「アメコミnightジム・リーSPECIAL in コトブキヤ秋葉原館」
の報告の[後編]です!

前回は

動画その1:ダンテさんからの質問!編

 

をご覧いただきましたが、今回はお待ちかねの

動画その2:ライブペインティング編

 です!
づみません!後半は字幕が追いつかず、柳さんの音声通訳頼みとなっております~!

 

また、絵が描かれる様をより詳しく見たい!
という方の為に定点カメラの映像単体もご用意しました!

動画その3:定点カメラ編

 

いかがでしたでしょうか!?

ライブペインティングは、まず驚くのがその速さです!

極太のシャーペンというか、鉛筆というかで大きく当たりをつけて、
そこまで細かく下書きされないままでペン入れをグイグイ行っていました!
(サクラのピグマを使ってらっしゃいましたね!)

Koto_JIM_LEE_Color_005

 

Koto_JIM_LEE_Color_010

正直、バリー・アレン並みに速いです!フラッシュだけにね!

そう、今回描いていただいたのはARTFX次回作「フラッシュ」です!

あっという間にキャラクターが紙の上に現れていく様は、まさに神の手!スーパーゴッズの1人だよ!

今回描かれたコンセプトアートは、ゲストでいらっしゃっていただいた、

原型師:松本江永さん(なんと、デビュー作がARTFX バットマンなのでした!)
ペイントフィニッシャー:腐乱犬(ふらんけん)さん

両者の手で制作されます。
実は・・・もう発注されました!

 

こちらの制作風景も、後日ブログやイベントなどでレポートできればと思います。
また、途中途中で描かれる落書きというか、ユーモアを交えたイラストも貴重なものばかり。

■靴紐を結ぶフラッシュ。
DSC00585
(突っ込む正直、「あれ、ジム先生、コトブキヤのこと嫌いなのかな・・・」とヒヤヒヤしました)

■ジョーカーの頭蓋骨
DSC00582
(翌日の明治大学での講演では、この頭蓋骨を修正液で消しながら肉付けを行うという神業を披露!)

 ■鎖を断ち切るスープス。

DSC00588
(このAKI!というのは柳 亨英さんのこと!)

 

 その素晴らしい技術の他にも、会場のみんなを魅了したのがそのお人柄でした。
簡単にまとめるだけでも

【ジム・リー先生ちょっといい話】

・ピュレグミを美味しそうにほおばっていた!

・控え室ではじゃがりこを美味しそうにほおばっていた!

・とんかつが好き

・トークショー中にご家族に手を振っていた!

・送迎のタクシーの料金を払おうとしたら笑顔で「NO THANK YOU」!

 などとトキメキポイントの数々。
思わず帰り道のコンビニでピュレグミ(レモン味)を買ってしまいました。

 

最後に。
今回、我々キカクガイズ主催の初めてのイベントでしたので不慣れな部分も多く、ご来場のお客様には何かとご不便をおかけしました。申し訳ありません。

経験を活かして、またこういったイベントも定期的に開催していけたらいいな、と思います。

週明けに行われた反省会では、さっそく次回に向けて色んな夢のある話が出ました。
今後のアメコミnightなどでリクエストもお聞かせ下さい!

よろしくお願いいたしまストニッシングX-MEN!!

ARTFX山下

 

TM & © DC Comics.
(s14)

【NEXT EVENT】
★12/3:アメコミnight配信版
 21時配信予定

★12/14:アメコミnight忘年会
 チケット発売中

★12/27~28:ハリウッドコンベンションVol.5
 公式ホームページ

 

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。