Language
English

『僕の名は』ARTFX+ フラッシュが受注開始と言っても過言ではないのだ!!

投稿:2017年03月28日
テーマ:DCコミックス

こんにちは。ARTFX山下(@kikakuguys)です。

 

今回ご紹介するのは、

「僕の名前はバリー・アレン!色々あって、ありえない存在になったんだ!」

という好印象な独白で有名な赤い閃光こと『フラッシュ』です!

 

 

DCコミックス原作のドラマ『the FLASH/フラッシュ』に登場する高速のヒーロー、フラッシュを1/10スケールでフィギュア化しました!

まずは全体の佇まいからご覧ください!

如何でしょう。

 

代謝の激しすぎる肉体は、先輩ヒーローでムキムキなオリバー・クィーンさんと違ってスマートですネ!

 

また、全身のイナズママークの意匠はなんだかお茶目。

だってコレ、絶対隠そうとしてないですもんね!

 

「速ええ!バリー速ええ!稲妻出てて!!カッケエエ!!!」

とはしゃいで嬉々としてスーツを作ったシスコの迸る感情が伝わってきます。

 

後姿はこんな感じです。

腰にもちゃんと付いてます!イナズマーク!

 

胸のマークでは、この写真で判りますでしょうか?

胸のパーツとは別パーツで作られているんですよ。

その効果で、シャープな造形や、スーツの赤地とパキっと分かれたカラーリングが実現しました。

1/10スケールなので、甘い造形にしがちな誘惑もありましたが・・・

ピリっと辛口な造形になっております。

 

で、今回最もご覧いただきたいのがこの顔です!

 

原型のエムアイシーさんのがんばりで、演じるグラント・ガスティン氏そっくりに造形いただいているのですが、限界を超えるまでソックリなのは塗装も拘っているんです。

あ!

「どーせデコマス(塗装見本)でしょ。量産品じゃ劣化するんじゃないの~?」

とお思いの方!ご安心下さい。今回ご紹介しているサンプルは、量産工程と同じ塗装で作っております。

つまり、これが、お手元に、壮絶に、届きます・・・!!!

 

昨今フィギュア業界で注目される3Dプリント技術

・・・に敢えて逆行し、我々が取り入れたのは・・・

 

一点一点、手塗り・・・!!

 

それで生まれるのがこの人間の肌の質感です!

 

また、差し替えでバリー・アレンの素顔が再現できるので観てみましょう!

グラント・ガスティン以上にグラント・ガスティンと言っても過言ではないのだ!

 

グラント君の特徴はこの眉毛だと思います!

一回眉尻が上にギュンっと上がっているんですね。

これってどこかで見たことありませんか?

そう、ジム・リー先生の描く眉毛にそっくり(←画像検索してみよう!)なのです!

まさにフラッシュを演じるために生まれた眉毛、じゃなかった俳優グラント・ガスティンを真面目に拵えております。

 

マスク脱バージョンでは、フード状にマスクを垂らして飾れますので、後姿にも変化が出ますね!

 

と、1/10のフィギュアというよりも1/10のフラッシュそのものなこのフィギュア。

繰り返しますがお値段は¥7,000(税抜)です!

ご予約は本日から始まり、5月の頭まで受注を行う予定です。発売は9月。

 

気になる第3シーズンを前に、高速で予約しちゃいましょう~~~!

よろしくお願いいたします!!

 

■合わせて読みたい

『俺の名は』。ARTFX+ グリーンアローがご案内開始と言っても過言ではないのだ!

ARTFX山下

THE FLASH and all related characters and elements © & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. (s17)

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。