【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

ヘキサギアトークライブアフター

投稿:2021年03月05日
テーマ:作例・実演

企画のYUKIです。怒涛のコトコレが終了し、一息つけたのでヘキサギアトークライブについてのアフター的な内容を書きたいと思います。

番組の進行上、公式ガバナーによるミキシング作例についてあまり時間が取れなかったのがもったいなかったので、完成した作品の写真をゆっくりとご覧ください。

エントリーNo.1 公式ガバナー「糸山 雄大」
作品名「レッドキャップ」

【コメント】

いやぁ~コトコレ楽しかったなぁ……小学生の時、友達の家でみんなでプラモ作ったのを思い出しました! 皆さんもぜひ“皆で時間縛りプレイ”やってみて下さい(笑)
して作例解説ですが、パッと見では“複雑な組み換え”と見せかけて、よ~く見てみるとキットで組んだままのユニットをサクサクつないだだけだったりします(^^; そして全体の構成もリハーサルで見たF氏のイラストからパク…、インスピレーションをもらってたりします。(本編で探してみてね☆)なんせ時間が無くてね!
それでも何とかネジ込んだオリジナル新発明が、ヘキサ純正パーツから作れるオパ…、“胸部装甲”と、ボルトレックス足首の“アンクルブレード”を「ウェポンユニット11 トライデントスピア」の刃で取り回しの良いショートバージョンにした所です。
約1時間の突貫工事にしては頑張った!

YUKI「MORUGA氏に糸山さんが人型とは珍しい。と言われていたがこの人は獣型なら人型にするし人型はビークルにしたりする。ガバナーなんてそれでいいんだよ」

 


エントリーNo.2 公式ガバナー「桑村 祐一」
作品名「バーディグリス」


【コメント】

中型サイズの獣脚類をモチーフに製作しました。
操縦席と尻尾はボルトレックスそのままで、頭も元キットと同じ構造で操縦席と繋がっています。歩行などで足を動かしても腰回りのシルエットがガチャガチャしない構造と、最終的に自立できる重心バランスを目指しました。ですので組立の順序は足腰から始めて前後に伸ばしていっています。
頭周りの赤いラインが何となくいい感じになっているのは偶然です。写真を見て初めて気づきました。ダークグリーンのロード・インパルスが出たら組み換えるのもいいかもしれませんね。

YUKI「個人的に今回制作された作品の中で一番のお気に入り。作例を作るときには遊びやすいという点も大事だと考えているので元のデザインから大きく変わっていながら触っていてストレスのないコイツが気に入った」

 

エントリーNo.3 公式ガバナー「TAKA」
作品名「ハウリングエッジ」


【コメント】

狼男や人狼等のような半人型を目指してミキシングしてみました。ボルトレックスの複眼は絶対に使おう!という自分ルールで製作しました。
イベント時にはご紹介できませんでしたが、口部は開閉可動が可能です!
また、コックピットの展開もブレイズボアの基本の上下開閉に加え、横方向も開くようになっています。バルクアームの胴体部を利用したもふもふな尻尾(?)がチャームポイントです。

YUKI「ワーウルフモチーフということで顔の造形に拘りが見られる。純粋なヒトと違って顔の造形がモチーフの再現に大きく影響するのでここに時間を使ったのが分かりますね」

 

エントリーNo.4 公式ガバナー「お芋男爵」
作品名「ブートレックス」


【コメント】

いつもは値段を気にせずミキシング(後述)しているので、懐に優しいをコンセプトに作成しました。使用パーツはほぼボルトレックス2体と、パーツリムーバーです!
とりあえず組んでみて、そのパーツに合いそうなモチーフに寄せる組み方をした結果、竜人型になりました。
脚部とあばらの組み換えはかなり気に入っています。
今回はマスターブートレックスと通常カラーを使用しましたが、イグナイトとセットになったLA仕様の白色のものや、アグニレイジとショップ特典を使った赤色のものを使って組んでみても面白そうです!

脳内設定:ボルトレックスを破壊された僚機のパーツで強化したヘキサギア。
ある意味規格外な兵器、Re:ムー・バーで戦うぞ。

YUKI「普段はプラモデル営業マンであるお芋男爵の机にはたくさんの作例が並んでいる。その腕をもっと多くのユーザーに見せてやれということで今回参戦を果たしました。本人はアバラの構造を気に入っていると言っているがYUKIは脚部の構成も気に入っているぞ」

 

作品名「No Future」


トークショーの際にちらちら画面に見切れていたやつです。
名前はYUKI氏に付けていただきました!カッコイイ!
オールイン・ジ・アースを目にしたその日から、大型ヘキサを作りたいと考えておりました。
オービタルマニューバーやストライクサーペントが発売され、やるしかない!と思い3連休をいけにえに召喚しました。
重量とサイズが尋常じゃないですが、10mm関節なのでへたり知らずです!
顔にはかなりこだわりました。 単調にならないようにクリムゾンウィングの装甲を張り付けております。
総額は心が折れそうなので計算しておりません・・・!

YUKI「レアパーツをふんだんに使っている大人げない作例。まさしくコトブキヤの公式ガバナーに相応しい作品だ」


収録後に作ったらしい作例(オマケ)

巨大すぎてカメラに収まらなかったレッケージもご覧いただきましょう。

ブロックベース DXヘッドクォーターを惜しみもなく使用したレッケージ。

ブロックベース用の新パーツ
「クレーンオプション」「スラットプレートオプション」「フェンスプレートオプション」
なども使用されていました。番組内で公式ガバナー達に紹介してもらうつもりだったのに失念していたぜ。

 

今回発表となったアイテムのうち原型まで進行しているものはこちらに掲載しています。

ボルトレックス・ラースは現在デコマス制作中。ボルトレックスファンは完成までもう少し待ってくれ。

 

かなり前から色々と仕込んでいたトークライブが終了し、少しだけゆっくり進行になりますが、また配信やりたいなと思いました。

そして……大変お待たせしていたミッション02 魔獣追討のチャプター01もようやく公開となっています。

不定期な連載にはなりますがこちらもお楽しみいただけますと幸いです。

トークライブのアーカイブ映像はこちら

では本日はこのあたりで失礼。
また次回。

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ コトくじ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。