Language
English

ヘキサギア発売2周年企画 これから始めるガバナーへ ヘキサギアラインナップレビュー【第二回 バルクアーム系/ブースターパック編】

投稿:2019年08月30日
テーマ:商品情報

ようこそヘキサギアワールドへ!

企画のYUKIです。
SNSなどでよく「ヘキサギアを始めてみたいけど何がオススメ?」という質問をされている方を見かけるので発売中のアイテムについて企画のYUKIが独断と偏見で商品の特徴をまとめてみました。※一部未発売のアイテムも含みます。

ガバナーではなく搭乗機体としての「ヘキサギア」のレビューです。

全部読むと非常に長いのでご注意ください。

一回目(前回)は第三世代「ゾアテックス」いわゆる動物のシルエットをしているタイプ。
二回目(今回)は第二世代「バルクアーム」や車輌などのビークルタイプ、ブースターパックなどについてまとめております。

最初に
個人的には見た目で気に入ったものが「最適解」です。が…

最終的に何を選ぶかはガバナーによって異なります。ユーザーの分身たる【ガバナー】の愛機を選ぶという目的であったり、単品でのカスタマイズ性能だったりと選ぶ基準が異なるからです。

これは機体の組み立てが終わってから本当の遊びが始まるキットブロック「ヘキサギア」ならではの悩みかもしれません。「欲しいものが多くて困る」というのは贅沢な悩みかもしれませんが非常によくわかります。少しでも最初の機体選びのご参考になれば幸いです。

No.14【バルクアームα】
言わずと知れた人型二足歩行重ヘキサギア第一弾。設定上も多くのバリエーションを生んだひな形であり、商品的にも派生キットを多く生み出しています。本製品からヘキサギアを始めたガバナーも多く、パイロットを実際にコックピットに搭乗させるギミックは多くのロボット好きを虜にしました。

発売当時は発売したのがゴールデンウィーク前の週末だったのですが、週明けの追加発注でメーカーの在庫が全滅という状態となり、レイブレード・インパルスと同じく3か月後に再生産をするという異常事態になりました。
SNSでもコックピットの開閉ギミック自体が楽しくてつい遊んでしまい組み立てが遅延することも“しばしば”あるらしいです。

単なる胴体部ではなくコックピットとして作ると言うところに、メカ好きを引き付ける要素が詰まっていると表現してくれたファンもいます。

そして人型ロボットということもあり、豊富な武器を“手に持たせて遊べる”点がフレームアームズに近いこともあり、初めての商品に選ばれることも多いようです。

オプションパーツとして頭部が2種類付属しており買ってすぐにバリエーション機を作ることができるのも人気の理由です。主武装の「120mm砲」は前後が分割されており、腕部と背中に分けて搭載する。使用時にドッキングするこのギミックがまた男心をくすぐったようです。
開発を担当したスタッフからは「自分が担当した商品の中で最も組みやすいキット」となったとのコメントも。ボリュームの割にパーツ数も多くないし、腕や脚など部位ごとに組み立てる際にランナーがどんどん減っていくので作りやすさという点でもオススメのアイテム。

No.15【バルクアームα 密林戦仕様】
バルクアームαの成型色をダークグリーンに変更。付属武器が「120mm砲」から「ウェポンユニットバトルアックス&ライフル+フォールディングキャノン」に変更されました。

このバトルアックス&ライフルはM.S.Gウェポンユニットとして単品販売されていたものですが、単品販売商品としての生産を終了したため密林戦仕様のみに付属することになっています。フォールディングキャノンも成型色がダークグリーンとなっており機体の装甲色に合わせているので専用感が出ます。また通常のバルクアームαにはヘキサグラムポリキャップを使用しない為付属しませんでしたが、密林戦仕様には豊富なヘキサグラム装填孔を使ってカスタマイズができるようにヘキサグラムポリキャップが一枚付属します。通常版と同じく頭部が2種類付属しますがメイン画像に使用されているスリット型センサーのものが塗装済パーツに変更されています。本体の組み立てやすさはバリエ元と同じく良好です。
アーカイブカードは付属しないので注意してください。

No.16【バルクアーム・グランツ】
男の子を誘惑する悩ましげな可変型ボディ。危険な色気を纏う美しいフェイスパーツに誘われる男子急増。
シリーズ最大を誇る装輪がどんな機体でもローラーダッシュを可能にするぜ!

レイブレード・インパルスと同じく“光”を機体名に冠する高機動型バルクアーム。
一目で主役メカだろコレ?となる外観のヒューマノイドモードからフォーミュラカーのようなビークルモードにシステムコンバート(変形)が可能。コミックマニアが開発した趣味的なデザインという設定(ロボットがカッコよくて何が悪い!)で、一見するとヘキサギアの世界観から浮いてしまうほどにヒロイックな見た目は商品化発表の段階で多くのガバナーから羨望の的でした。

マニピュレーター(手首)部分にM.S.Gワイルドハンドを使用しておりウェポンユニットとの相性は抜群。ソードでもライフルでも好きなウェポンを持たせることが可能です。グランツの発売を機に新たにガバナーになったというコメントも多く寄せられており、これからのヘキサギアを牽引してくれる人気機体になってくれると感じています。

胸部、腰部は特徴的な変形ギミックが詰まっており、バルクアームαのコックピットとも異なる玩具的なギミックが楽しめます。コックピットの開閉に加えて、変形の為の可動ギミックは多くの男子を虜にしています。みんな好きだよね?私も大好きだ。

バルクアームαのランナーを一部流用していますが、殆ど新規パーツとなっており組み立てたガバナーの多くは驚いていた様子です。
後方に伸びたアシストホイールは接地面との距離に合わせて引き出すことができます。ビークルモードを成り立たせる為の特徴は下半身に寄っている為、下半身をグランツにすることでオリジナルの可変機体だって簡単に作れるかも。
ロボットは変形しなきゃ!というガバナーのみなさんコイツはオススメですよ!

No.17【バルクアームβ ランバージャック】2019年12月発売
ブラックという色が生み出すライバルキャラ感が最高。機体よりも長い大型刀剣「スラッガーブレード」を振り回す姿は圧巻の一言。脚部にホバーユニットを備えており、バルクアームαよりも機動力に優れます。ホバーユニットは取り外してオプションパーツを使うことでガバナー用のホバークラフトとして遊ぶことができます。しかも両足分なので2機作ることができます。

頭部パーツはなんと「ランバージャックの専用頭部」+「バルクアームαに付属した2種」の計3種類が付属。
ランナー都合でαの頭部ユニットパーツが含まれており、αのクリアーパーツのランナーさえあれば頭部が3個作れる!と気づいた私はランバージャックには使用しないにも関わらずαのクリアーランナーまで付属することに決めました。

胴体部は一見するとバルクアームαと同じに見えるかもしれませんがコックピットキャノピー前面の装甲や頭部が新規設計。脛部分に増加装甲(ブルアーマー)を装着し重量感バツグン。

手首フレーム部分も新規設計され、刀剣類を自在に操ることができるユニバーサルジョイントを使用しているのでポージングの幅が大きく向上しました。
ブラックのボディはロード・インパルスと同じ色なのでカスタマイズもしやすいです。
でかい武器やライバルキャラが好きなガバナーにオススメ。

No.18【スケアクロウ】
THEお助けマシン。「ヘキサグラムストレージ」という独特の樽型ユニットが特徴。

人型ロボットの下半身のみという構造で設定的にも商品的にも簡易的な構造となっています。
使い勝手のよい5mm径関節ユニットでヘキサギアのカスタマイズに便利。脚部後方にはグラウンドチェーンソーという武器も搭載しており、別機体の腕部に使用することで「武器腕」としてのカスタマイズも可能です。コックピットのコンソールパネルはガバナー用の小型端末のように外して使用する事ができるので「休憩中のガバナー」のように遊んだりするのも面白いです。
愛くるしい「まんまるなセンサー」がカワイイと評判でフレームアームズ・ガールのユーザーもカスタマイズに使っています。シリーズを超えた遊びを可能とするオプションパーツとしてフレームアームズ・ガールが搭乗できるフレームが付属。


No.19【バンディットホイール】
ラジエートパイプのワイルドな造形がバイク好きを昂らせる。この“ぐにゃり”と湾曲したラジエートパイプは他のコトブキヤプラモデルではなかなか見ることができません。「後ろから見た時にカッコよく」がデザインのコンセプトであり“バイク感”が欲しいガバナーにはお宝のようなパーツです。
タイヤは前輪と後輪でデザインが異なり、実は後輪が左右に分割してホバーモードとなる仕様なので実は3輪と呼んだ方が良いのかもしれない。
M.S.Gギガンティックアームズ ラピッドレイダーのフレームパーツを流用しており、変形してエイミングモード(砲台)とホバリングモードにもなります。キャノピー下にあるデーモンズンシンボル(髑髏)のパーツは邪悪な面構えなのでカスタマイズ時にはヘキサギアの顔としても使用されることがあります。後輪のパーツは中央がエアフローターのデザインとなっているので小型のホバーユニットとしても使用できますね。


No.20【ヘキサギア ブースターパック001】
謎のアニマルメカが制作できるブロックパーツの集合体。頭部パーツは置いておくとして構成パーツの大半がカスタマイズのために考えられた小型のフレームパーツとしてデザインされています。最初の機体選びで購入される人は少ないかもしれませんが、実は毎月の追加発注が多いのがブースターパックシリーズの特徴。遊べば遊ぶほどにブースターパックパーツの便利さに気づくガバナーも多いとか。インパルス系にフィットする凶悪な頭部パーツが付属します。

No.21【ヘキサギア ブースターパック002】
謎のアニマルメカが制作できるブロックパーツの集合体第二弾。ハコフグのような見た目の水中探査メカになります。大型の動力装置やスラスター、スクリューなど水中で活動するメカを構築するのに適したブロックパーツが付属します。サンプル画像ではバルクアームαの腕部に直接続した大型のプラズマキャノンとして使ってみました。見立ての遊びが捗るパーツがたくさん入っています。ヘキサグラムPCが4枚も入っているのでカスタマイズでヘキサ孔をすべて埋めたいという人にもオススメです。

No.22【ヘキサギア ブースターパック003〈デザートバギー/フォレストバギー〉】
2019年9月発売
普通の車両型ヘキサギアを構築できるブースターパックでデザートバギーとフォレストバギーの2種類で展開。フォレストバギーはダークグリーンとなっており「バルクアームα密林戦仕様」や「ブロックバスターVF仕様」と同じ色になっています。
デザートバギーはM.S.Gギガンティックアームズのワイルドクローラーというアイテムの成型色に合わせており、未塗装でのカスタマイズが簡単にできるように設定しています。
車両型を制作するのに適したフレームや外装パーツが多数入っており、ロボットよりも車両とガバナーの組み合わせにロマンを感じる人向け。ですが、カスタマイズパーツとしての便利さでロボット型を構築するガバナーにもオススメできます。テールランプやヘッドライトのクリアーパーツはそれぞれ色が異なるなど細かいところにも拘った商品仕様です。

No.23【ヘキサギア ブースターパック004〈マルチポッド〉】2019年10月発売
まさかのコックピット単品売り商品。他の機体のように専用デザインとなっておらず、個性を殺した箱型形状が特徴。

内部は大型のガバナーでも搭乗できるようにゆったりとした設計となっています。大型だけに頑丈なので大型メカの構築時に活躍してくれます。スクエア形状のクリアーキャノピーなどSF的なデザインのパーツもあり、組み合わせ次第で大きく化けるアイテム。“最初に購入する商品として選ぶ”ユーザーは多くなはないかもしれませんが“こんなパーツもある”ということを覚えておいてください。画像の作例ではキャノピーと側面装甲を使っており、レイブレ―ド・インパルスやボルトレックスなどの装甲パーツではこれほど大きな面積の装甲を作ることはできないので必要に応じて使ってください。

No.24【ヘキサギア EXユニット001】
単品で遊ぶものではなく、拡張性を高めるためのオプションアイテム。フレームとフレームをつなぐヘキサ軸棒が大量に入ったセットだと思って下さい。ロングタイプには2mm刻みのスジボリがあり、好みの長さに切り出して使うことができます。六角の角度を30度変換するユニークパーツなど好みに応じて必要なパーツを使ってください。ヘキサギアの組み換えに馴れてきたころに使うとその便利さが再確認できます。

如何でしたでしょうか?
発売前の商品まで掲載しており恐縮ですが初めてのヘキサギア選びの参考になれば幸いです。

また次回

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。