Language
English

ヘキサグラムについて

投稿:2017年03月16日
テーマ:お知らせ

ヘキサギアにとって本日は記念すべき日…
商品化発表から約半年、ついに本日よりヘキサギアシリーズご予約開始です。
フレームアームズやヘヴィウェポンユニットで培ったノウハウを余すことなくつぎ込んだ”組み換えに特化”した

キットブロック方式

プラモデルでありながら完成した各ユニットはブロック玩具のような自由度を持っており、“自分だけのアッセンブルレシピ”でオリジナルのマシンを作ることができます。

その構築の要となっているのが

〈六角型汎用ジョイントシステム〉ヘキサギア ランダム アッセンブル マテリアル
略称「ヘキサグラムシステム」です。

 


フレームアームズやモデリングサポートグッズでお馴染みの3mm径の穴が開いた「ヘキサPCパーツ」やABS製でヘキサの中心に「3mm軸」や「5mm軸」を持ったパーツなど多種多様なパーツをご用意致しました。


基本機体を構成するにあたり、機能や強度を考慮し、ユニットによって異なる素材を使用しています。

画像右側に掲載した極小ジョイントのみ金属ピンを使用した組立済ジョイントとなります。


工業製品を意識した各ユニットのデザインは単独で使用するのにも向いており
ヘキサギアだけでなくフレームアームズやフレームアームズ・ガールとの組み合わせにも使いやすいようになっています。

画像はボルトレックスのメンテナンスの為に各ユニットをバラしているパラポーンというシチュエーションです。

パーツをバラしている状態でもちょっと楽しい…

 

フレームアームズに「内部フレームに外装・武装を装着して拡張していく」ことをコンセプトとしていたようにヘキサギアにも商品のコンセプトが存在します。

それが「スクラップ&ビルド」すなわち破壊と創造です。

 

アイデアに合わせてフレームから自由に構築することが可能なヘキサギアは

モデラーによっては自由すぎて逆に何を作ってよいのか迷ってしまうかもしれません。
これはある意味でコトブキヤプラモデルチームからの挑戦状でもあって、組み換えギミックを好む人が多い「凄腕のFAモデラー」達は、ヘヴィウェポン以上の組み換えに特化したパーツを用意したら、どんな風に使いこなしてくれるのか?

組み立てては解体し、納得いくまで繰り返す日々…

たくさんのカスタマイズ作品が見られる日を楽しみにしています。

ヘキサギアは一つの完成された機体を説明書通りに作るだけでなく、インスピレーションに任せて、自分だけの機体を創り上げる。そんな風に楽しんで頂きたいと思います。
次回はランナー状態をご紹介します!

ではまた次回。
企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。