マイナビ2020

Language
English

秋葉原館公式ガバナーTAKA ヘキサギア作例公開!

投稿:2018年12月20日

みなさんこんにちは!秋葉原館公式ガバナーTAKAです!

今回は発売が開始したばかりのヘキサギア『アグニレイジ』を、コトブキヤショップで購入すると手に入る『アグニレイジカラー カスタマイズパーツセット』、さらに通常の『ボルトレックス』を加えて製作した組み換え作例をご紹介いたします!

 

コトブキヤショップ限定特典『アグニレイジカラー カスタマイズセット』は、ヘキサギア公式ブログで以前ご紹介させて頂いた通り、通常の『ボルトレックスの一部ランナー』と、『アグニレイジのランナー』を合わせることで真紅のボルトレックス、『ボルトレックス・ロッソ』を組める内容となっております。

ですが、アグニレイジと一部パーツが共用の為、アグニレイジと同時には制作できません。
なので「折角なら全部(上記のキットと特典)合わせてパーツを有効活用しよう!」といったご紹介内容になっております!
なお、ボルトレックスは通常の緑の装甲パーツ類は使用せず、フレーム、及びシルバーのブレード等のパーツのみを使用し、残りは特典パーツを使用しています。緑のパーツは一式丸々余るので他の組み換えにも使いやすいですね!
また、例によってキット内のランナー等をジョイントとして使用している以外は、パーツ加工等を行っておりませんので、頑張ればどなたでも再現できる内容となっております!

※今回アグニレイジはテストショットを使用している為、以前ブログにて塗装済み表記のあったパーツでも一部塗装されていないパーツがございますが、製品版では塗装済みパーツが付属いたしますのでご安心下さい!

では早速ご紹介です!

スピノサウルス型ヘキサギア
機体名【レイジングスパイク】

大きな背ビレが特徴的な「スピノサウルス」をモチーフにアセンブリしたゾアテックス専用ヘキサギアです。製作の際、構想した設定は、「ガバナーを搭載せず『アグニレイジ』のドローンが2体で1機を操作する機体」として構築しています。『アグニレイジ』からの指令を遠距離から背ビレの大型アンテナを介してドローンが受信し、地上の敵機や障害を排除する・・といった妄想設定です!(※公式設定ではありませんのでご注意下さい!)
そのため、アグニレイジの特徴の『インペリアルフレイム』等は出力の問題でデチューンしたとして取り外しており、ボルトレックスの頭部パーツを使用し、アグニレイジに従属する『量産機感』を出してみました。

頭部のアップです。製作者はボルトレックスの「複眼」の部分がかなり好きなため、どうしても盛り込みたくて一番構造に悩んだ部分です。結果的に、大部分は『アグニレイジ』の基本構造を流用しながらもかなり印象を変えることが出来たと思います!

正面からのショットです。本体上側は正面から見た際に『V字』になるよう部品配置を心掛けました。V字の放射状に広がることで、それぞれの部品を際立たせるとともに力強さを表現するのが狙いです。

真横からのショットです。アグニレイジとボルトレックスを組み合わせるにあたり、どうしても余剰パーツとしたくなかったのがアグニレイジの翼パーツです。折角いままでにない新規の大型パーツなのでどうにかして使いたい・・!悩んだ結果、翼パーツを左右合わせることで『大きな背ビレ』『スピノサウルス型』の発想に至りました。結果的に翼パーツ自体はほぼそのまま使用しながらも、大幅にシルエット変更が出来たかと思います!

後ろ側からのショットです。アグニレイジの首部分は説明書通りの組み方のままですが、そのままでもここまで後ろ側を振り返ることが出来ます!ガバナー視点でこんな風に振り返って見られたらと思うと恐ろしいですね・・・!全体の体躯とのバランスを合わせるため、脚部は上側にはボルトレックスのタイヤを取り外した脚部にし、下側はアグニレイジそのままを使用して、通常のアグニレイジよりもマッシブに、かつ長さを延長してあります。

 

続いてご紹介するヘキサギアは

騎士型ヘキサギア

機体名【ディバインリッター】

スタイリッシュなシルエット、大きな盾、ブレードが特徴的な騎士型ヘキサギアです。
製作した際の構想としては『アグニレイジの防御フィールドの展開を限定的にすることで圧倒的な防御性能を獲得したヘキサギア。アグニレイジのグラビティコントローラーを使用しているため、バルクアームαの2倍近い全高にも関わらず圧倒的な機動性を誇り、リバティーアライアンスのガバナーにはアグニレイジと並ぶ恐怖の対象となった』・・・といった妄想設定です(※公式設定ではありませんのでご注意下さい!)

正面からのショットです。『アグニレイジ』の頭部のトサカ部分は一目見た時から騎士の頭飾り等に丁度良いと思っていましたので、何とかして使用するために悩んだ部分です。また、ボルトレックスのクリアパーツ部をカメラアイとするためにその部分を中心に構成してみました。
肩部はボルトレックスの脚部をメインに構成されています。タイヤを2個から1個に減らし、マッシブにしつつもボリュームが出すぎないように組み替えました。
また、一見、脚部系だけにしか使えないように見えるアグニレイジの爪部も肩部の飾りとして使用しています。このようにメインの構成として使わなかったパーツも飾りとして使うだけでもイメージやシルエットが変わり、作品の完成度を上げることが出来ますのでオススメです!

特徴的な盾の部分はご覧いただいて分かるように、『アグニレイジ』の翼パーツを使用しています。こちらはかなり簡単な組み換えですが、騎士型としての『説得力』を出せたかと思います!
アグニレイジの脚部の下部に、『アグニレイジ』の翼のメインスラスターを接続し、その下にボルトレックス脚部(コトブキヤショップ特典「アグニレイジカラー カスタマイズセット」)を接続して長くすることで、人型としての全体的なバランスを整えました。

背面からのショットです。ガバナーはディバインリッターの背中側に密着する形で搭乗するようになっております。(正直ガバナーにとってあまり乗り心地が良いとは言えなそうです・・!)
『多目的2連レーザー砲』は人型の弱点となりやすい背後への攻撃用と想定して後ろ向きに設置しました。

盾を構えたポージングも騎士型らしくビシッと決まります!
トサカ部分も含めると全高もかなりのサイズなので大迫力です・・!

 

ご紹介は以上になります!

色々組み替えてみたいけど、どうすればよいか分からない・・という方はまずは説明書通りに各ヘキサギアを製作した後、ブロック単位(頭部、脚部、翼部等)で外して組み替えてみるのがオススメです!
その他にも、ヘキサギア公式サイトの他のガバナー達の作品も沢山出揃ってきておりますので、見るだけでもとても参考になるかと思います!

 

自分だけのヘキサギアを自分の手で作ってみましょう!

 

秋葉原館公式ガバナーTAKA

 

■コトブキヤ立川本店
TEL042-522-3500
営業時間:月~金 11:0020:00
土日祝 10:0020:00

■コトブキヤ秋葉原館
TEL03-5298-6300
営業時間:10:0020:00

■コトブキヤ日本橋
TEL06-6630-1280
営業時間:11:0020:00

■コトブキヤオンラインショップ

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。