Language
English

『輝鎚・乙〈狙撃仕様〉』画像公開!

投稿:2015年07月06日
テーマ:製品情報

こんにちは、柚木です。

 

本日は前回に引き続き新製品情報をお届けします!

 

先週末発表しました輝鎚バリエーションの2機のうち、

今回は「四八式二型 輝鎚・乙〈狙撃仕様〉」の塗装完成見本画像を公開!

 

それではさっそくどうぞ!

 

フロントビュー

070601

フル装備状態の前面カット。

新型ライフルのサイズ故、基本カットではライフルをあえて縦にして支えさせています。
(横に構えるとどうしても画像に対して本体が小さく写ってしまうので…)。

しかしながら、本体サイズを超えるライフルの全長がお分かり頂けるかと…!

 

新規パーツ(本体)

070603

輝鎚本体には、ベース機のデザインを手掛けた稲葉コウ氏が新規に描き起こした増加パーツが追加されます。

重装の輝鎚がさらにボリュームアップしているのがお分かりになるかと…!

肩・胸・モモの増加装甲は「爆発反応装甲を追加している」という設定で、同じ形状のブロックパーツ(画像の白い部分)が配されているのが特徴です。

 

新規パーツ(武器)

070604

本キットの目玉となる狙撃型ライフルは、こちらも稲葉氏描き起こしデザイン。全長235㎜という大型サイズとなっております。

バイポッドの可動と、本体側の「ある機構」によって、画像のような狙撃形態をとらせることが可能です。

 

その「ある機構」というのが、今回の隠れた「売り」ともなっているこちら!

リニューアルポイント(足首関節)

070605

バリエーション化によるパーツ追加にともない、「輝鎚・甲」で改善要望の多かった足首関節を新規に設計。保持力と可動範囲の向上を図っております。

070606

パーツ構成イメージ図。グレー部分が新規パーツとなります。

新関節は径の大きいボールジョイントに可動を集約、グリップ力を高めた構造に改められています。

フレームのPC側は固定される構造になりますが、ボール受け側の切欠きによって、一つ上の画像のように大きくしならせることもできるようになっております。

通常武器

070607

最後に通常装備のカット。

「輝鎚・甲」に付属していた武器パーツももちろん付属します。

通常装備の状態でも「輝鎚・甲」とはまた違ったイメージになっているかと!

 

…というところで、駆け足で紹介してきました「輝鎚・乙〈狙撃仕様〉」、商品の案内開始は今週7月9日(木)を予定しております。

 

引き続きチェックのほど、何卒よろしくお願い致します!

 

それでは本日はこの辺にて。

柚木

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。