バナー:フレームアームズ・ガール
Language
English

「誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷」「エクステンドアームズ07」ご予約開始です!

投稿:2018年10月04日
テーマ:製品情報

こんにちは。げんすいです。

早速ですが一昨日の冥武に続いて本日よりご予約開始となりました、

 

エクステンドアームズ07〈誘導弾 改良ホーク〉

こちらをご紹介してまいります。

 

フレームアームズ・シリーズのメインメカニックデザイナーである柳瀬敬之氏によってデザインされた「地対空誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷」。

こちらの商品化に際し、新規パーツとなる箇所が背部へ搭載する武装ユニットのみ(と言ってもそれなりに大きいんですが)であったことから、先週もお伝えしました通りエクステンドアームズとして単品リリースが決定しました。

 

まずはパーツ構成から。

4基搭載された誘導弾は全て取り外し可能。接続はミサイルの側面に3mm穴が空いてるのも・・・ということで板リブ接続です。

発射機は各部が3mm径軸接続となっており、ユニット単位で分解してFAへ装備する事も出来ます。使用例は後述します。

 

後部はフタがされた状態になっているけど飛翔中はそのままじゃないよね、ということでこちらも柳瀬氏に追加でデザインいただきました。

こちらも円錐状の部分が3mm径軸接続による差し替えになります。

余談ですが先端部は5mm径軸接続、5mm径穴の空いたタケノコみたいなパーツです。

 

この誘導弾本体ですが、全長約115mmあります。

FAは1/100なので設定上は11.5mと誘導弾としてはかなり大型です。ともすれば弾道弾・・・。

また今回エクステンドアームズとするにあたり、発射母機が地上機に限定されないのでは?ということで名称から「地対空」の文言を削除しています。

長射程誘導弾として空戦機に搭載するのもアリじゃないでしょうか。(←何の事かは調べてみてネ)

 

続いて装着例をご紹介。

まずは轟雷系列ということでウェアウルフ・スペクターに装備してみました。

右側は六五式防弾重装甲を前方に可動させることで装着スペースを確保しました。

左側は六七式超射程電磁誘導型実体弾射出機を外しても(画像左側)、そのままの状態にしても(画像右側)良さげです。

後者はW2スペクターにさらに追加装備ドンという状態で、当時あり得たかも知れないいち仕様的な感じになりますね。

 

新鋭機ジィダオ EA仕様への装備例。

発射機中央を繋いでいるパーツを取り外し、左右それぞれを肩部へ装着(画像左側)。横幅を減らすため元のジィダオの肩パーツに変更しています。

画像右側はさらに「M.S.Gメカサプライ06 ジョイントセットB」を使用して背部へ装着したもの。元のバックパックは腰部へ移動しています。

リベルタのJX-25はパッチワーク機が殆どなので、こんな仕様もあり得るかも?(頭部はこの指揮官型ではない気もしますが)

 

安定した誘導弾の発射を望みかつ人型の背部に装備するなら、移動後発射時にうつ伏せになればよいのでは?

ということで背部にぴったりの装着部を有し可動範囲も広い影虎へ装備してみました。

サイズ感的にも案外しっくりくる装備例だったりします。

 

続いてコトブキヤショップ限定品となる三二式三型 誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷

エクステンドアームズ07一式と専用カラーの轟雷がセットになっております。

 

脚部はデザイン通り履帯システムから補助脚へと換装。

こちらは三八式一型 榴雷・改で造形されたパーツから流用することで再現しています。

つまり余剰パーツ扱いではありますが、榴雷・改の脚部が一式封入されています。

 

履帯システムと二九式二型 120mm低反動滑腔砲、そして画像では使用していないak-14Tタクティカルナイフも付属するので、

轟雷シリーズではお馴染みではありますが新カラーの轟雷としても組み換え出来るパーツが一式封入されています。

さらにボーナスアイテムとして、デザインイラスト再現用を兼ね轟雷用デカールセットが付属します

こちらは用意が出来次第改めてご紹介いたします。

 

ということで本日ご予約開始。

エクステンドアームズ07〈誘導弾 改良ホーク〉

三二式三型 誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷

ご紹介してまいりました。

いずれも2019年2月発売予定です。どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

げんすい

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。