Language
English

『進撃の巨人』 「ARTFX J リヴァイ Fortitude ver.」 開発スタッフインタビュー

投稿:2020年01月16日
テーマ:ブログ

 

こんにちは!

本日は、全世界シリーズ累計発行部数1億部突破の大人気作品『進撃の巨人』より、人類最強の兵士「リヴァイ」のフィギュアARTFX J リヴァイ Fortitude ver.の魅力をコトブキヤの企画担当と原型製作・塗装担当のタナベシンさんの開発インタビューを通して、存分にご紹介していきます!
大ボリュームの内容となっておりますが、是非最後まで目を通していただけると嬉しいです!

 

「リヴァイ」をフィギュア化するにあたって

 

企画担当(以下、企画):
まず、「リヴァイ」のフィギュア化についてですが、コトブキヤが「リヴァイ」をフィギュア化するのは今回が2回目になります。
以前に発売した「リヴァイ」のフィギュアがコチラ。

 

ARTFX J リヴァイ リニューアルパッケージver.

この「リヴァイ」は僕が担当したフィギュアではないのですが、まさに巨人に切りかかるワンシーンを切り取ったような躍動感があり、リヴァイの良さを存分に引き出しているフィギュアだと思っています。(手前味噌になってしまいますが、リヴァイのフィギュアで一番の出来なのではないかと個人的には思っています…。)

今回の「ARTFX J リヴァイ Fortitude ver.」を製作するにあたって、「前回のリヴァイを越えたい、越えなければいけない」という思いがありました。それくらいに気合を入れて担当したフィギュアです…!

 

●2回目の「リヴァイ」の製作について

 

タナベシン(以下、タナベ):

前作はあとになって自分なりの反省点もいろいろでてきたのでいつかリベンジを!と考えていたので2回目も僕にお声をかけてくださったコトブキヤさんに大変感謝しています。

調査兵団の戦闘服から立体機動装置まで全てのディティールが頭に入っているので制作は容易だろうとタカをくくっていたんですが、前回は優雅さ、今回は泥臭さ、と全く違うシチュエーションになり、さらに拘りが強くなっていたので制作は意外と難航してしまいました。とはいえ泥臭いのは大好きなのでヤル気は満々でした!

企画:

実は前回の「リヴァイ」も今回の「リヴァイ」も原型製作をタナベさんにお願いしているんです。前回の「リヴァイ」が非常に好評であったのは、タナベさんの技術によるところも非常に大きいと感じていたので、前回の「リヴァイ」を越えるものを作るとなった時、原型製作をタナベさんにお願いするというのは僕の中で必須の条件でした。仕上がりを見て「やっぱりタナベさんにお願いして良かった!さすがタナベさん!」と感じましたね。前回に負けないくらいかっこいい「リヴァイ」を作ってくださり、こちらこそ大変感謝しております…!

 

●ポージング・シチュエーションについて

 

企画:

フィギュアを製作するにあたってまず取り掛かるのが、ポージングやシチュエーションを考えることです。これには非常に悩みましたね…。というのも、「リヴァイ」は大変人気のキャラクターのため、他社様からも色々なフィギュアが出ており、既に出し尽くされている感があったからです。

加えて、前回の「リヴァイ」のフィギュアを越えなければならないという思いから、悩みに悩みぬきました。

そこで、いきついたのがこのポージングです。

「激闘の最中の兵士」というのが今回の「リヴァイ」のテーマになっています。

巨人の返り血を浴びて、マントもボロボロになり膝をつきながらも目の前にいる敵を鋭く見据え、刃を向けるというポージングはどんな苦難にも負けず、己の意志を貫く「リヴァイ」の「不屈」の精神をイメージしています。

商品名に入っている「Fortitude」は「不屈」という意味で、このポーズ案のイメージに由来しています。

 

 

このポーズ案には二つこだわったポイントがあります。

一つ目は「静」のポージングです。前回の「リヴァイ」のフィギュアは非常に躍動感がある「動」のポージングだったため、差別化を図るためにあえて、「静」のポージングを採用しました。

しかし、ただ膝をついているだけのポージングだと少し寂しい感じになってしまうので、マントをなびかせたり、ワイヤーに躍動感をつけたりと、「静」のポージングながらも見ごたえのあるフィギュアになるように意識しました。

そして、膝をついているポージングだとフィギュアとしてこじんまりしている印象があるため、スケールサイズを1/7に調整しています。(前回の「リヴァイ」は1/8スケールでした。)

 

 

もう一つは「血」です。ポーズ案を考える際に、既に発売されている「リヴァイ」のフィギュアを色々調べていたのですが、「リヴァイ」×「血」というシチュエーションのものは見当たらなかったんです。(もしあったら申し訳ございません…。)

作中でも巨人の返り血などを浴びている描写は多く、血にまみれている「リヴァイ」が個人的に好きだったのでこのシチュエーションを採用しました。

この「血」によって、「静」のポージングでありながらフィギュアに臨場感が生まれ、前回の「リヴァイ」とはまた違ったかっこよさを感じることができるフィギュアになったのではないかと思います。

 

●「顔」「髪の毛」について

 

タナベ:

激闘を繰り返した状態でしかしまだ闘志は全く消えていないといった表情を目指しました。「リヴァイ」はもともと目つきがすご~く悪いんでかなり慎重に調整しましたね。

企画:

まさにタナベさんが仰ってくださっているように今回の「リヴァイ」は激闘の最中のワンシーンをイメージしていて、疲弊しながらもその闘志は折れておらず、鋭く敵を見据えてるという表情が良く再現されていると思います。特に、目(目線)は何度も社内の塗装担当と試行錯誤を重ねた一番こだわっている点だと思います。

そのおかげか今回の「リヴァイ」はどこから見ても顔がかっこ良く見えるんです!本当にかっこ良い!!

是非、お手にした際には様々な角度から眺めていただければと思います。

タナベ:

髪の毛も「リヴァイ」の特徴的な髪型の印象を残しつつ血も浴びてべったり乱れて尚且つ風になびくという
とても複雑な表現です。これも決まるまで結構時間がかかりました。

企画:

「リヴァイ」の特徴的な髪型はフィギュアで再現すると重めな印象になってしまいます。
かといって動きをつけすぎると今度は特徴が薄れてしまい表現が難しかったのですが、
さすがタナベさんといったところで、しっかり調整してくださいました。

タナベ:

前作もそうでしたがポイントは構えた左腕で鼻から下をあえて隠してるところですね。こうすることで目にフォーカスがいきより一層表情が際立ちます。

 

企画:

タナベさんに直接こだわりポイントをお伝えしたわけではないのですが、タナベさんが僕のこだわりポイントを拾ってくださっていて大変嬉しいです…!これはポーズ案に通ずるところでもあるのですが、僕の個人的な印象なんですけど、かっこいい「リヴァイ」をイメージするとなぜか腕で顔の下部分を隠すポーズをしているんですよね(笑)。(皆さんもそういうイメージありませんかね…?)

自分でも「なんでだろう…?」と疑問に思っていたのですが、タナベさんが仰るようにそうすることで目にフォーカスが行って表情がより際立つようになっていたんですね!合点がいきました。

無意識的なこだわりポイントだったのですが、結果的にかっこ良く仕上がったので良かったです(笑)。

 

●「身体」について

 

タナベ:

アニメ設定の身体の比率(足が長い等)のままだと今回のしゃがんだポーズなどではバランスに矛盾がでやすく、でもあまりにも現実の人の比率ではアニメの雰囲気を壊してしまうので「このポーズでいちばんかっこよく見えるプロポーション」を目指しました。太ももとかは設定よりもかなり太くしてあります。

今回のような膝をついているポーズって意外と複雑で接地面が一箇所増えるだけで調整箇所が倍増したりします。足の大きさをちょっと変えるにも接地したつま先から踵までが変化するとそこからつながるふくらはぎやスネの角度が全部変わりますから。あと左モモに装着されたカートリッジから刃を右手で抜く、というのも干渉箇所が多く、あとでちょっと腰を調整したかったら同時に肩肘手首すべてを切ってくっつけなおすをいうなかなか大変な作業になります(笑)。

企画:

しゃがんでいるポーズってプロポーションの調整が難しいんですよね…。タナベさんが仰っているようにしゃがんでいる状態で見ると違和感はないけど、このプロポーションで直立したサイズ感を想定すると大きさに矛盾が生じてしまったり…。プロポーションの調整については非常に苦労しました。と言っても、僕は確認をしていただけで、実際に調整をしてくださったのはタナベさんなのですが…。

一箇所を修正するとなると、他の箇所も連動して調整が必要となるため、本当に大変な作業だったと思います…。何度もご調整いただき本当にありがとうございます…!感謝しかありません!!

そして「太もも」!「リヴァイ」は筋骨隆々なキャラではありませんが、人類最強の兵士ですから筋肉はしっかりとあるはず!この引き締まりつつも筋肉が詰まっている感じがする太ももは見事ですね…!

 

●「衣装」について

 

タナベ:

いろんな素材を身にまとっているのでシワの折れ具合や流れでそれぞれの厚みや硬さ柔らかさが伝わるよう心がけました。

企画:

非常に細かい点まで造形で再現できてしまうのがタナベさんのすごいところですね。

調整兵団の服やマント、中に着ているシャツ、腰に巻いている布、ズボンにブーツ、それぞれ微妙にシワ感や流れが異なっていて、それにより厚さや硬さの違いが感じられるかと思います。特に、腰に巻いている布は「柔らかくて薄い布」ブーツなんかは「少し硬めの革」というのがシワ感を見ることで伝わってくるかと思います。是非、こういった細かい点にも注目してほしいです。

タナベ:

立体機動装置はデジタルで作っていただいたんですが、「リヴァイ」の身体にフィットさせるための微調整などは前作のノウハウがあったのでスムーズに進行できました。

企画:

立体機動装置は前回の「リヴァイ」のフィギュアを作った際のデータを流用して製作しています。データで作っているといってもこの情報量の多さには驚きますね…。(後ろ側なんか特にすごい…。)もちろん公式の設定を基に製作しているので、このフィギュアを見ると「立体機動装置はこうなっているのか。」と知ることができます。

そして、この複雑なパーツをポーズに合わせて「リヴァイ」の身体にフィットさせる調整もスムーズにこなしてしまうのですから、さすがタナベさんですね!

タナベ:

見た目以上に時間がかかるのがワイヤーですね。量産するための原型には柔らかい素材は使えないので硬いステンレスワイヤーを曲げて制作したんですが、手のグリップと腰の射出装置の全く異なる角度の穴に差せるように曲げるのがすっごい大変!全部まぐれです(笑)。

企画:

左手に持っているワイヤーのグリップは左側の射出装置と、右手に持っているワイヤーのグリップは右側の射出装置と繋がっています。今回のポージングでは腕が顔の前でクロスしているため、そこら辺がこんがらがってしまわないように注意していました。

ポーズ案を考えてみたものの「こんなワイヤーの動き造形で再現できるか…?」と思ったのですが、まぐれとはいえうまく落とし込んでくださって大変感謝しています(笑)。全体で見た時のワイヤーの見え方や動き感はお気に入りのポイントのひとつです。

 

 

そして、もう一つ個人的に気に入っているのがマントの調査兵団の模様です。

これ造形で再現されているんです。よく見ると凹凸があるのがわかるかと思います。細かい作業だったと思うのですが見事に再現されていて感心してしまいました…!

 

●「ベース」について

 

タナベ:

地面をびっしり覆う芝生を金型で量産できるように造形できるのか?という新たなチャレンジでしたがなんとかそれっぽくなったのではと思います。本体との接地部分はしっかりと踏みつけた表現を施しています。岩盤部分は固めた粘土を岩を砕くようにガリガリ崩して表現するんですが結構楽しいです。そもそも自然物を作るのは好きですね。

企画:

「リヴァイ」本体がかっこ良いのでそちらに目が行きがちなのですが、台座についても注目してほしいですね。

芝生の踏みつけた表現に加えて、芝生の方にも「血」の塗装が施されています。

個人的に好きなのは岩盤部分ですね、この自然な岩の感じ。違和感のない岩感(ダジャレじゃないです)とでも言いましょうか…。見事だと思います…!

 

●「塗装」について

 

タナベ:

返り血を浴びてかなりドラマチックなシーンなのでそれに負けないよう全体的にコントラスト強めの塗装にして〝重さ”が伝わるようにしました。素材も様々なのでそれぞれに適した微妙なツヤの違いを塗り分けるのには少し手間取りましたね。

返り血は飛び散る、流れる、染み込む、擦れる等いろんなシチュエーションを想定して塗り込みました。主に飛び回りながら付いたものなのでスピード感が伝わるようにしましたね。あと指先はべったりとか。

企画:

今回の「リヴァイ」は原型製作だけでなく、塗装もタナベさんにお願いしているんです。タナベさんに塗装をお願いするのは初めてだったのですが、かっこよく仕上げてくださりとても感激しています…!

タナベさんが仰っているように、今回の「リヴァイ」のフィギュアのテーマに合わせて、シャドーが少しだけ濃く入っていたりと全体的に「重み」を感じられる塗装になっているかと思います。素材の違いについては衣装の部分でシワ感や流れの造形によって差を表現していると話しましたが、塗装でもその素材感に適した塗りを施しています。加えて、返り血についても様々なパターンで塗り込んでくださっているので非常に見応えがあります。

特にこの1枚を見ていただけると良くわかると思うのですが、ブーツ、ズボン、立体機動装置、マントとそれぞれ革、布、金属と素材感が異なるものに様々なパターンの返り血の塗装が施されているので、ひとつひとつの違いを見ていくと非常に楽しいです。

個人的にはブーツと立体機動装置の塗装がお気に入りです!返り血の付き方や素材感の表現が見事です。

 

 

髪の毛やマントにもしっかりと返り血が付いています。

 

 

顔や手の血の塗装もとてもリアルです…!写真でも臨場感が伝わってきますけど、現物だともっとすごいですよ!!是非、手に取っていただき溢れる臨場感を楽しんでいただければと思います。

 

●購入特典について

 

そして!コトブキヤショップで「ARTFX J リヴァイ Fortitude ver.」をご購入いただくと、特典として、今回のフィギュアのポーズ案を基に描き下ろしたイラストを使用した「A4サイズキャンバスボード」をプレゼントします!

 

コトブキヤショップで予約をしていただければ、確実に特典が手に入るため、「特典が絶対にほしい!」という方は、メーカー受注期間内【2月21日(金)まで】に予約していただくことを強くオススメします!

 

\商品のご予約はコチラから!/

ARTFX J リヴァイ Fortitude ver.

 

●さいごに ~ファンの皆様へ~

 

タナベ:

「リヴァイ」は僕も大好きなキャラなので「リヴァイ」になった気分で制作しました!ぜひ手に取ってこの激闘の瞬間を一緒に感じていただければ最高です!

企画:

伝えたいポイントが多すぎてとてつもなく長いブログになってしまいました。申し訳ございません…。最後までお付き合いいただきありがとうございます…!

ARTFX J リヴァイ Fortitude ver.の魅力は伝わったでしょうか?今回のフィギュアは、前回の「リヴァイ」を超えるだけでなく、「リヴァイ」のフィギュアのマスターピースを作るような気持ちで臨ませていただきました。まだまだ伝えられていない魅力もたくさんございますので、是非、たくさんの『進撃の巨人』のファン、「リヴァイ」のファンの方たちに手に取ってもらえると嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します!

 

 

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 

※掲載画像試作品です。実際の商品とは多少異なる場合がございます。
※また、撮影の条件・お使いのパソコンの環境などによって、色・見え方が違う場合がございます。

 

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。