Language
English

ギガンティックアームズ+ヘキサギア作例

投稿:2017年03月18日
テーマ:商品情報

本日はギガンティックアームズ×ヘキサギアの組み換え例をご紹介したいと思います。

今回のテーマは5mm関節です。

例によって公式ガバナー糸山氏に頼り、「へヴィウェポンユニット16 オーバードマニピュレーター」付属の

5mm軸アタッチメントの使い方について解説用の作例を作ってもらいました。

 


重作業用ヘキサギア
作例制作:公式ガバナー糸山 雄大(壽屋メカ原型チームリーダー)
軍産複合体MSGがかつて開発していた旧式のヘキサギア「PG-Mk I」をジャンクヤードから発掘してリペアした機体、右腕に馬力のある第三世代ヘキサギアを使った大型のアームユニットをベースに、兵器運用されている大型マニピュレーターを装着した。
左腕は大口径ガトリングアームを装備、作業用ながら戦闘が必要な際には砲撃が可能となっている。本体部は旧式故にヘキサグラムのコネクタが少ない。(妄想設定です)

※画像はモデリングサポートグッズ ギガンティックアームズ01 パワードガーディアン、オーバードマニピュレーター、ヘキサギア レイブレード・インパルスを使用した作例です。

ちなみに前回ご紹介致しました作例「ボルトレックスツヴァイ」と今回の「重作業用ヘキサギア」

そして壽!プラモLABOでご紹介した作例「ヘキサギアガール レイブレード・インパルス」

現在、コトブキヤ大阪日本橋の3Fにて展示中ですので是非ともご覧くださいませ!

 


来月発売予定のへヴィウェポンユニット16 オーバードマニピュレーターには接続ジョイントが複数封入されているのですが、その中に5mm軸タイプがあります。
これはヘキサギアの関節ユニットと組み合わせてご使用いただけるように考えてのことになります。

(画像は試作品につき実際の成型色とは異なります。)


パワードガーディアンの腕部に対してオーバードマニピュレーターが大きいと感じていた方にはこういったカスタマイズも試してみてほしいと思います。


何故、肩にタイヤが付いているのか…
たぶんですが回転してエネルギーを発生させるジェネレーターセルみたいなものです。
ボリューム感がでてカッコいいからOK。


頭頂部のフードを展開するとレイブレード・インパルスのフロントスキャナーが露出。
※搭乗しているガバナーは本来一部塗装済みになる部分が未塗装の状態です。

関節ユニットに5mm径のパーツを取り込むことができるようになったので大型のモデルも構築できるようになってきました。
如何でしたでしょうか?
昨年行われましたコトコンへの応募作品の中にはかなりの大型モデルもあった為
関節部などの強化パーツも需要が高まってきていると感じております。

 

近日ご案内開始となりますメカサプライ ジョイントセットなどと組み合わせて楽しんでもらえると幸いです。

それでは本日はこのあたりで失礼!
ではまた~
企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
こちらは確認用ページです。公開用ページとはURLが異なります。こちらのURLはコピー使用しないようご注意ください。