フレームアームズ・ガール関連製品
Language
English

『ペルソナ5』「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」企画者インタビュー!

投稿:2017年05月22日
テーマ:秋葉原館

きなこです。
本日は、2016年発売の大人気ゲーム『ペルソナ5』より立体化が決定した「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」の企画者、さーやさんにインタビューをさせていただきました!

 

 

――どうして「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」をフィギュア化しようと思ったのでしょうか?

 『ペルソナ5』は待ちに待ったナンバリングタイトルだったので、もともと『ペルソナ』シリーズが好きだったこともあり、新作発表を知ってすぐにお話を聞きに伺いました。立体化するキャラクターについて…私の所属チームが男性キャラクターのフィギュアを多く制作している事もあり、迷わず「主人公」でしたね。この怪盗の衣装をかっこよく立体化したい!と思い企画を立てました。
でも、制服姿も個人的には好きなので…続きで出せたら嬉しいなと思っています!

 

――制服姿もかっこいいですよね…!

「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」をフィギュア化する際に、大変だった点はありますか?

 こだわったので、沢山あります。(笑)
まず、ゲームが発売する前にポーズを考えなくてはならなかったので…ポーズを考えるのに苦労しました。どうしても立ち絵ではなく動きのあるポーズにしたかったので、プロモーションムービーを何度も停止しながら繰り返し見て、イメージを膨らませながら試行錯誤しました。

 他にも、副島さん(キャラクターデザイン:副島成記氏)の綺麗なイラストの再現に苦労しました。
特に目の再現が難しく、何度も調整を繰り返しました。少し下がり気味だった目尻を上げて、形を変更した事が大きい変更点ですね。それによってキリッとした雰囲気が増したと思います。
また、副島さんに監修していただいているので、ご監修時にご教示いただいた詳細設定やこだわりの部分を忠実に再現しています。
例えば服の柄の形状も、最初は直線的だったのですがカーブを付けて修正しました。

 

 

 

 また、仮面の形状についても秘話がありまして。非常に小さい部分なので表現省略のご相談も可能だったのですが…私が副島さんのこだわりに感動して、忠実に再現させていただきました。気になる箇所ですが、仮面の目に接着する部分と接着しない部分の面積が違っていて、ただ穴を開けているわけではなく角度を付けて穴を再現しています!是非注目して見て下さい!(言葉で伝わらなかったらごめんなさい。ご依頼が多かったら、きなこと説明動画上げます。笑)

 色味を決める際も、お洒落で加工の入ったイラストが多かった為、イラストのどこに色を合わせるか悩みました。最終的には立ちイラストを参考に、加工が無かったらこんな感じかなという色を彩色担当と相談して決めていきました。

 

――印象的な台座はどうやって作ったのでしょうか?

 これもプロモーションムービーを元に案を出していたため、最初はシャンデリアのデザインにしていたのですが、監修時にゲーム全体のイメージに寄せたデザインに変更可能でしょうか…?というようなご相談をいただきました。
そこで、その時世に出ている『ペルソナ5』の素材を全て見直す勢いでイメージを膨らませました。仮面や銃、星、このカクカクした形で、世界観を感じられるデザインになったと思います。
…制作の過程で台座のクリアパーツより下の部分を出したほうが格好良くて修正をしたり、黒で塗り分けがしたいと思いこだわった結果、パーツが増えて…実は台座だけで8パーツも使っているんです。(笑)

 

 

  他にも、台座の角度も実は悩んだ部分です。より躍動感を出すために斜めになっているんですけど、斜めにし過ぎるとフィギュアとしての量産が難しいし、角度がないと動きが出ないし。分度器を使って色々な角度を試して今の角度に決めました。

 

――「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」用に作った、さーやさんお手製の「これで決まり!角度指標!」なるものを見せていただきました!こだわりが伝わってきますね。
他にも、企画者としてぜひ注目して欲しい点があれば教えて下さい。

 全てです!注目してもらいたい所ばかりなので選べないです。。
ただ、制作段階で個人的に1番印象に残っている箇所を挙げるとするなら「仮面」です。

 

 ――迷った他のデザイン案はありますか?

 (絵が上手な同期に)ラフ絵で色々描いてもらいながら試行錯誤した結果、着地時のポーズ案も候補に挙がったのですが…今回は作品にも合っていると思い、走り出す感じのポーズにしています。走り出すポーズの方がマントの靡きが表現できる、という理由も相まって今のポーズにしました!!

 

※着地時のポーズ案ラフイラスト

 

――特典について、紹介を頂けますでしょうか。

 仮面付の顔も仮面なしの顔も魅力的で選べなかったので…仮面付の顔は、特典として製作しております!ちなみに予告状は両面印刷なのでそこも注目してください。サイズ的に文字は入っていませんが…。
また、仮面と同様に予告状はサイズがとても小さい為、省略しなくてはいけない場所があったのですが、マークは絶対に入れたかったので開発担当と相談して入れる方向にしています。

 

※コトブキヤショップ限定特典となります。

 

――最後に、ファンへのメッセージをどうぞ!

 仮面を付けたり予告状を付けたり、急に台座の支えを仮面にしてみたり…企画として我儘を言わせていただいた自覚があり…豪華仕様になっていると思います!(笑)
また、もちろん私だけではなく、原型・彩色・開発それぞれがこだわりきった一体なので、是非お手に取っていただけたら嬉しいです。

 ゲーム発売前に走り出した企画だった為ゲーム発売後にさらに愛が深まってしまい、イベントを開催することになりました。フィギュア以外のグッズの販売も予定しています(^^)さらにファンの皆様に喜んでいただけるよう準備をしていますので、今後の展開を楽しみにしていただけると幸いです!

 

 

■製品情説明

――――あなたの心を頂こう!

ペルソナ5の主人公が最速立体化!!

2016年発売の大人気ゲーム、『ペルソナ5』より主人公の怪盗ver.が「ARTFX J」シリーズに登場です。

ハンドガンを片手に、黒いコートをなびかせ颯爽と駆ける瞬間を切り取った造形は
「怪盗」らしさが十分に現れた一品となっています。

『ペルソナ5』ファン必須の決定版フィギュアとなっています!是非お手に取ってお確かめ下さい。

 

■「ARTFX J 主人公 怪盗ver.」製品ページ

 

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.
NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
このページは「確認用ページ」です。公開用ページとはURLが異なるので、このURLはコピー使用しないようご注意ください。公開用サイトはこちら。