Language
English

キューポッシュ 開発小話 第十話「怪しい隣席」

投稿:2014年10月06日

第10回は、私の周りの席のお話

 

事務所の席の並びこんな感じ↓

 

 

┏━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓

┃  営業N  ┃  営業Y  ┃  企画O  

━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫

┃  開発K  ┃        企画A   

┗━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┛

 

企画Oが、キューポッシュの企画担当

企画Aは、PVCフィギュアの企画担当(企画担当者は、後二人ほどおります。)

で、なにが怪しいのかというと「企画」は、自由な発想でとんでもないものを考えていたりします。

横の企画Aのパソコン画面を除くととんでもないイラストが・・・

 

私「それやるの?(汗)」

企画A「はい」

私「それ、金型枚数とんでもないことになるんじゃねー?!」

企画A「そうなんですけどね。やりたいんですよ。」

私「マジか…」

私「あと、その服の複雑な模様、再現するの? タンポ印刷? マジ?」

 

こんな会話が、良くあります。(開発にどんだけ時間かかんだよ・・・・)心の声・・・・

 

そうかと思うと

企画O「(カレンダーを指差しながら)来年のこの時期にキューポッシュ新規で生産したいです。」

私「え!今から?」

企画O「はい」

私「どんだけ、突込みだよ!」

企画O「何とかお願いします。絶対に無理ですか?」

 

(絶対に間に合わないタイミングではない。

急げば何とか間に合うタイミングで言ってくるので拒否できず・・・)

 

私「・・・わかった。なんとかするわ・・・」

(もー こんなんばっかり・・・) 心の声・・・

てことが、よく起きます。(多少フェイクはいっています。笑)

 

なので、この二人の動きには、注意が必要です。ほおっておくと危なくって(笑)

さて、内輪の話題はこれぐらいにして。

そんなこんなしているときに、ちょうどT1サンプルが届いたので写真をお見せしましょう。

 

20141006_CP_Blog

 

今、開発中のあるキャラクター(バレバレだよね 笑)4色ありますが、

1袋が1金型分という分け方になっています。

ランナーがついた状態で届きますが、この後湯口の位置を確認しながら部品を切り出して

実際に組み立てます。組みあげてみるといろいろと問題点が出てきますので、その修正指示を作っていきます。

特にT1では、たくさんの修正点が出ることが多いので大変です。

ただ、一番初めにPVCになった製品を触れる特権もあるので(社内で一番 笑)そこはちょっと優越感です。

組み立て自体も結構楽しい時間なのでわくわく感もあります。

 

企画の動きをけん制しつつ、組み立てを楽しんだりしております。

 

今回はここまで

次回「中国へ飛べ」

 

 

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ
こちらは確認用ページです。公開用ページとはURLが異なります。こちらのURLはコピー使用しないようご注意ください。